こんにちは、ぺりかんです。

 

子どもがケガをしたり、容体が急変したりして、緊急で受診が必要と判断した場合は、速やかに救急車を呼ばなければいけませんよね。

でもそのとき、パパ・ママが慌ててしまうと病院に搬送する時間が余計にかかってしまいます。

そんなことにならないためにも、事前に救急車の呼び方を知っておき、もしものとき落ち着いて行動できるようにしておきましょう。

住んでいる地域の情報を調べる

かかりつけ医が休みのときや、真夜中に子どもの具合が悪くなった場合は、休日や夜間診療を行っている医療機関を受診します。

いざというとき慌てないために、休日や夜間に診療を行っている医療機関の情報を普段から集めておくといいでしょう。

情報は、自治体の広報誌・地域版の新聞・地区町村のホームページなどで調べることができます。

もし、かかりつけ医の診療時間になるまで待っても平気か、それともすぐに救急外来に行くべきか迷ったときは、『小児救急電話相談#8000』に電話をかけて相談しましょう、

小児救急電話相談は全国統一の電話番号ですが、各都道府県ごとに対応していて、携帯電話かけることができます。

救急車の呼び方&手順

119番にかけるとき、固定電話がベストです。

携帯電話は地元の消防本部につながるとは限りません。

別の地域を管轄している消防本部につながった場合、地元の消防本部に転送されるので、その間は接続を切らずに待ちましょう。

 

①局番なしの『119番』に電話をかける

②「火事ですか?」「救急ですか?」と聞かれるので、「救急です」と伝えます

③受付員に聞かれたことに答えます(慌てず落ち着いて、ゆっくりと答えましょう)

《受付員に聞かれること》

●住所

●子どもの症状・状態

●子どもの月齢・年齢

●電話をかけた人の名前

●連絡のつく電話番号

●自宅近くの目印となる建物

④救急車の到着を待ちます(待っている間、受付員の指示に従い応急処置を行います)

大人が2人以上いるときは、1人は外に出て自宅まで誘導しましょう

《用意するもの》

●健康保険証  ●母子手帳

●おくすり手帳 ●お金

●紙おむつ   ●哺乳瓶

●着替え    ●タオル

 

 

緊急事態はいつ起きるか分かりません。

お子さんに何かあったときに、一刻でも早く病院に連れて行くためにも、救急車の呼び方を知っておくことはとても大事なことです。