こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんに多い代表的な皮膚疾患のひとつ、アトピー性皮膚炎。

慢性的な場合はかゆみが強くなったり、掻きむしって血が出たりすることも・・・。

長引くことが多いので、親御さんは根気強く治療を続けなければいけません。

 

そこで今日は、アトピー性皮膚炎の治療法やホームケアについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は、両親やきょうだいにアレルギー体質の人がいる、皮膚が敏感でいろいろな物質に反応しやすい、皮膚が乾燥しやすくバリア機能が低下しているなどの素因がある人に起こる慢性の湿疹です。

これらのアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)はハウスダスト、ダニ、動物の毛、皮脂表面にいるカビなどで、食べ物は、鶏卵、牛乳、小麦、魚などさまざまです。

乳児では症状が2ヵ月以上続くかが判断の手がかりになります。

生後2~3ヵ月以降から顔や頭に赤い湿疹が出ることから始まり、だんだんと首やおなか、背中、ももの付け根、手足の関節へと広がっていきます。

耳たぶや耳の付け根が切れたりするのも、赤ちゃん時代の特徴です。

湿疹は体のほぼ左右対称の位置にできて、症状が重くなるとジュクジュクしたり、かき傷やかさぶたができたりします。

1才を過ぎると湿疹部分が赤黒くなり、全身が乾燥してカサカサになることが多いようです。

アトピー性皮膚炎の治療法

治療の基本は、スキンケアと生活環境を整えることです。

アレルゲンと考えられる物質を避け、汗などで肌が刺激されないようにケアしてあげましょう。

そして、バリア機能を回復させることも大切です。

そのためには、ステロイド外用薬を段階的に使って炎症を抑えることが有効です。

症状がひどいところだけに塗るのではなく、ひどくならないうちに使用して症状を落ち着かせ、少しずつ弱い薬に切り替えていくのが上手な使い方です。

自己判断で薬をやめて悪化させてしまうケースもあるので、薬は必ず医師の指示通りに使いましょう。

また、かゆみなどの症状が強いときは、抗ヒスタミンや抗アレルギーの飲み薬が処方されます。

アトピー性皮膚炎は、症状・治療法・経過に個人差があります。

治療をしてもすぐに効果が現れなかったり、よくなったり悪くなったりを繰り返すことも多いので、根気強く治療と日々のケアを続けることが大切です。

 

【処方される代表的な薬】

●非ステロイド系抗炎症入り塗り薬(アズノール軟膏など)

●ステロイド入り塗り薬(ロコイド軟膏など)

●皮膚保護薬(亜鉛華軟膏など)

●保湿薬(ヒルドイドソフト軟膏など)

ホームケアと入浴&スキンケアのポイント

家庭でのケアは肌をいつも清潔に保つことと、保護をすることの2つが大事です。

また、強いかゆみのために、体や顔を布団にこすりつけたり、手で引っかいたりして傷ができ、症状が悪化してしまうこともあるので、ツメは短くなめらかに切っておきましょう。

 

【入浴&スキンケアのポイント】

お湯はぬるめにする

熱いお湯は、乾燥やかゆみを促します。

入浴やシャワーはぬるま湯を使いましょう。

手でやさしく洗う

石けんを泡立てて、ガーゼやタオルは使わずに、手でやさしく洗いましょう。

石けんはしっかりを洗い流す

石けんの成分が残っていると、肌への刺激となります。

石けんはよく洗い流しましょう。

やさしく拭く

拭くときはゴシゴシこすらずに、タオルを肌に押し当てるようにして、やさしくふきましょう。

処方された薬を塗る

患部が乾燥してしまわないうちに、処方された薬や保湿剤を十分に塗りましょう。

 

 

スポンサーリンク