こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠中はホルモンの変化によって、妊娠前よりもお肌にトラブルが起きやすくなってしまいます。

少しでもトラブルを最小限に抑えるために、妊娠中から丁寧なケアを心がけることが大切です。

なぜ妊娠中は肌トラブルが起きやすい?

妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが増えます。

これらのホルモンは、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きをを活発化させるため、色素沈着が起きやすくなりシミができやすくなってしまうんです。

産後は妊娠中に増えたホルモンが元の状態に戻るため、色素沈着も落ち着いてきます。

ですが、一度できたできてしまったシミは薄くなっても、そもまま残ってしまうこともあります。

また妊娠中は肌が乾燥しやすくなり、バリア機能も低下している状態なので、かゆみや湿疹などの肌トラブルも起きやすくなります。

肌を清潔に保ち、こまめな保湿と紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

毎日の習慣で肌トラブル予防

《ビタミンをしっかりとる》

肌のターンオーバーを促してくれるビタミンB、シミの原因になる活性酸素を抑えてくれるビタミンC、肌の老化を防いでくれるビタミンEが効果的です。

普段の食事に取り入れたり、手軽に摂ることができるスムージーにするのもいいですよ。

《肌への摩擦を防ぐ》

妊娠中はメラノサイトの活性化によって、少しの刺激でもメラニン色素がつくられてしまいます。

洗顔のときはゴシゴシ洗わない、カミソリでのムダ毛処理は控えるなど、肌への摩擦には気を付けましょう。

《紫外線から肌を守る》

紫外線を浴びるとシミができるだけでなく、肌が乾燥してシワもできやすくなってしまいます。

肌への負担が少ない日焼け止めや、帽子や日傘などでUV対策をしっかりしましょう。

《ストレスをためない》

ストレスは肌荒れの原因になってしまうこともあります。

妊娠中はストレスがたまりやすくなってしまいますが、上手に発散して、笑顔で過ごすようにしましょう。

 

 

シミは一度できてしまうと、なかなか消すことはできません。

産後もキレイな肌でいるために、妊娠中も肌へのケアをしっかりとしましょう。