こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠していることが分かったら、出産する施設を決めなければいけませんよね。

人気のあるところは早めに分娩の予約をしないと「満員で入れなかった・・・」なんてこともあります。

出産までの間はその選んだ施設で何度も定期検診に行くので、自分に合った施設をきちんと選びたいですよね。

 

今日は、出産する施設の選び方について書いていきます(^^)

施設選びは何を重視する?

出産する施設選びで大事なことは、”どんなお産がしたいのか”  です。

「立ち合い出産がしたい」「無痛分娩がいい」「赤ちゃんと同部屋がいい」「アットホームな雰囲気がいい」など妊婦さんによって希望はいろいろですよね。

具体的に希望をあげていくことで条件がしぼられ、施設選びがしやすくなると思います。

出産できる施設はいろいろありますが、どの施設にもメリットとデメリットがあるので、それをちゃんと知ったうえで選ぶようにしましょう。

出産できる施設はいろいろ

《総合病院》

総合病院は産婦人科以外の科もあるので、持病がある妊婦さんや何かトラブルがあったとき、すぐ対応できるので安心です。

ただ複数の産科医さんがいるので、出産のとき、どの医師が担当になるか分からないことが多いそうです。

 

《大学病院・周産期センター》

医療技術が高く、設備もしっかりしていて、スタッフも充実しているので、緊急時の対応が迅速に行えるのが最大のメリットです。

しかし検診には時間がかかることが多く、大学病院だと研修生が立ち会うこともあります。

 

《産科専門病院・診療所》

大きな規模の病院ではないので、妊娠中から産後まで1人の医師が見ることも多いですが、その分信頼関係が築きやすいです。

入院部屋の設備や食事、妊婦さんへのサービスが充実していますが、病院によっては急なトラブルに対応できないことも。

 

《助産院》

アットホームな雰囲気の中で、リラックスして出産することができます。

しかし助産師さんは医療処置ができないので、リスクのあるお産はできません。

出産する施設選びの流れ

①情報収集をする

施設のホームページ・口コミサイト・雑誌・先輩ママの声など、情報収集は幅広く!

 

②施設の見学に行く

希望に合う施設の候補がしぼれたら、実際に足を運んでチェックしましょう!

 

③費用を確認し申し込む

費用は施設によって異なるので、しっかり確認してから申し込みましょう!

 

※里帰り出産する場合は、35週目までに紹介文を書いてもらい転院しましょう。

 

 

出産する施設は、ママによって重視するポイントがみなさん違いますよね。

選ぶときは前もってよく調べたり家族と話し合ったりして、ぜひ自分に合った施設を見つけてください(*^^*)