こんにちは、ぺりかんです。

 

出産後にほとんどのママが悩む、体重と体型戻し。

実は産後はスタイルアップのチャンスでもあるって知ってましたか?

栄養バランスのよい食事と効率のいい運動で無理なく体重・体型を戻し、スタイルアップを目指しましょう!

 

スポンサーリンク


 

過度なダイエットはNG!

育児は体力勝負なので、適切なエネルギー補給が必要です。

そのため、体重を妊娠前に戻そうと過度なダイエットをするのはNG。

妊娠中と変わらず、健康的なバランスのいい食事を続け、無理のない範囲で少しづつ運動をして、体重を戻していくようにしましょう。

健康的に体重を落とす目安としては、週に0.5㎏、1ヵ月で2㎏というペースが適切です。

これ以上に体重を落とそうとすると体に負担がかかり、体調不良や体力低下になったり、将来骨粗しょう症につながることもあります。

母乳育児はかなりのエネルギーを使うので、母乳が出ているうちはたくさん食べても体重が自然に落ちる時期でもあります。

また、産後の体は元に戻ろうと力も強く、脂肪組織にも流動性があります。

体が元に戻ろうとする産後6ヵ月までの期間を有効に使って、無理なく体重や体型を戻して、健康的でキレイなママを目指しましょう。

問題は体重よりも体型!?

実は産後、体重戻しよりも大変なのは体型戻しの方なんです。

母乳で育てているとカロリー消費は大きいため、体重は順調に減るかもしれませんが、おなか回りはたるんだりポッコリしたまま・・・。

また赤ちゃんのお世話は前傾姿勢が多く猫背になりがちで、こうなると背中の肉が落ちにくく、おばさん体型が進んでしまいます。

でも産後6ヵ月までは、骨盤などの骨の結合が緩んでいるため、きちんと筋肉をつけて引き締めることで体型がグッと変わるチャンスです。

そのためには、食事に加えて運動が必要になります。

腹筋を回復させることで正しい姿勢を保てるようにもなるので、まずは無理のない産褥体操から始め、赤ちゃんに添い寝したり、抱っこしながらできる腹筋運動を日常生活に取り入れていきましょう。

生活の中で運動する時間が取れなくても、ベビーカーや抱っこひもでお散歩するときに、おなかを引き締めることを意識するだけでも、筋肉のつき方は違ってきます。

産後の体重・体型戻し Q&A

Q,授乳中の1日の摂取カロリーは?

A,妊娠していないときの+350㎉が目安になります。

ただし栄養の質も重要なので、お菓子や飲み物でエネルギーを摂らずに、野菜・魚・肉・穀物とバランスよくプラスするようにしましょう。

 

Q,産後特に気を付けて摂りたい栄養素は?

A,特に気を付けたい栄養素は鉄分です。

鉄分は野菜などのビタミンCと一緒に摂ることで、体への吸収をよくしてくれます。

だだし何か1つだけを突出して摂るのではなく、あくまでも栄養のバランスが大切です。

 

Q,ダイエット食品は食べてもいい?

A,食べていけないわけではありませんが、あくまで食事を中心に。

とくに置き換えダイエットはかえって空腹感をあおり、ドカ食いの原因になってしまうこともあります。

 

Q,ノンカロリーのおやつはいくら食べてもいい?

A,カロリー0の人口甘味料は、甘さは感じても血糖値は上がりません。

そのため、甘みは感じても血糖値が上がらない矛盾に脳が混乱して満足感が得られず、さらに糖分を欲するという悪循環に陥りがちです。

なので、ノンカロリーのおやつはほどほどにしましょう。

 

Q,完ミの場合はダイエットした方がいい?

A,完ミの場合は、授乳によるエネルギー消費がないので、食べる量をコントロールした方が体重は落ちます。

ただそれも、極端なダイエットは体調を崩す原因になってしまうので、バランスのいい食事と適度な運動という基本原則は変わりません。

 

Q,体重が落ちすぎる場合はどうする?

A,体重減少に加えて、疲れやすくなったり、立ちくらみがするなどの体調不良のサインが出はじめたら、生活の見直しが必要です。

体力不足になると、食べても栄養がつかないという悪循環にもなります。

体を休ませつつ、病院にも相談するようにするようにしましょう。

 

 

バランスのいい食事と運動で、産後6ヵ月までの有効期間の間に美ボディを目指しましょう(*´▽`*)

 

 

スポンサーリンク