こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、乳幼児の気管支ぜんそくについてまとめてみました。

気管支ぜんそくとは?

ぜんそくは、気道や気管の粘膜の炎症です。

特徴は呼吸困難の発作を繰り返すことで、呼吸するときにヒューヒュー・ゼーゼーという音(喘鳴)します。

たんもからみ、軽い発作の場合はしばらくすると元に戻りますが、重い発作のときは呼吸ができくなることもあります。

乳幼児ぜんそくの9割はアレルギー性で、原因物質はその子によって異なりますが、最も多いのはハウスダストの中のチリダニです。

また、かぜや気温の変化、ストレス、疲労などが発作の引き金になることもあります。

ぜんそくと判断がついたら『薬の使い方』『発作のときどうすればいいか』『日常生活はどのように過ごすか』など、専門の医師から十分な指導を受けましょう。

適切な治療を開始し、生活管理に気をつければ、成長とともに症状が見られなくなるのが、乳幼児ぜんそくの特徴です。

なお、乳幼児が気管支炎になったときに、呼吸がぜんそくのようにゼーゼー、ゴロゴロという喘鳴になることがあり、ぜんそく様気管支炎と言われることがありますが、これはぜんそくではなく急性気管支炎です。

気管支ぜんそくとぜんそく様気管支炎の違い

【大きな違い】

気管支ぜんそく

気道や気管支に慢性的な炎症が起きている。

気管支の筋肉がアレルギー反応で収縮ことで、呼吸が苦しくなる。

ぜんそく様気管支炎
気管支が感染によって炎症を起こしている。

気管支にたんなどの分泌物がたまり、狭くなってゴロゴロいう。

【症状】

気管支ぜんそく

呼吸するとヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴がする。

特に息を吐くときがつらく、ヒューっと音がする。

呼吸回数が多くなる。

ぜんそく様気管支炎

乳幼児はもともと気管支が細いうえに、炎症でさらに細くなり、空気が出入りするたびに喘鳴となる。

たんもうまく出せずゴロゴロが続く。

一般的に呼吸困難はない。

【治療】

気管支ぜんそく

治療薬としては、アレルギーを抑える抗アレルギー薬、炎症を抑えるステロイド薬を吸入する。

発作時は気管支拡張薬(飲み薬・張り薬)が使われる。

ぜんそく様気管支炎

症状によっては気管支拡張薬(飲み薬・張り薬)が使われる。

せきでつらそうなときにできること

1,上半身を起こして水分をとらせる

せきで苦しそうなときは、上半身を少し起こすとラクになります。

たんが切れやすいように水分をとらせますが、せき込んだときに吐いてしまわないように、あげるときは ”少量ずつ” が基本です。

2,部屋の空気をキレイにし、適度な湿度にする

赤ちゃんが過ごす部屋は、ときどき窓を開けて換気しましょう。

たばこは厳禁です。

せきがつらそうなときは、室温が高めなほうがラクになるので、洗濯物を室内に干したり、加湿器を使うなどの工夫をしましょう。

3,胸や背中を軽くトントンする

呼吸するときにゴロゴロするのは、気道にたんがはりついているからです。

縦抱きにして上半身を起こし、指先を揃え、胸や背中を軽くトントンと叩いて、たんをはがれやすくしてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク