こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、お子さんがやけどをしたときの対処法や予防・対策についてまとめてみました。

応急処置の方法

①流水で20分以上冷やす

手足などの水をあてやすい部分は、水道水やシャワーをかけて冷やします。

やけどの症状が軽く見えても、20分以上は冷やし続けましょう。

衣服の上からやけどをしたときや、衣服を脱がせると皮膚がはがれるなどのダメージが大きくなる心配があるときは、脱がさないで服の上から流水をかけます。

②冷水で冷やせない場合は保冷材などで冷やす

流水を嫌がったり、顔など流水をかけにくい部位をやけどした場合は、氷の入ったビニール袋や、氷や保冷剤を濡らした薄手のおしぼりやタオルにくるんで患部にあてます。

③水ぶくれは破らず布でふんわりと覆う

水ぶくれができてしまったら、病院への受診が必要です。

水ぶくれの液には皮膚を再生させる働きがあり、破れると細菌が入って感染症を起こすことがあります。

水ぶくれはなるべく破らないように注意して、清潔な布でふわっと覆って受診をしましょう。

 

【部位別の冷やし方のポイント】

《頭・顔》

氷をビニール袋に入れて、やけどをした部位を10分以上冷やします。

保冷剤を濡れたタオルなどでくるんだもので冷やすのもOKです。

《腕・足》

流水で冷やせないときは、氷を包んだ濡れたタオルか、冷たい水に浸したタオルで冷やします。

タオルは5分おきくらいに冷たい水に浸しましょう。

《口の中》

氷を清潔なガーゼで包み、やけどした部位にあてて冷やします。

氷を小さく砕いて、ひとかけらずつ2~3回に分けて含ませるのもいいですよ。

救急車を呼ぶ目安は?

すぐに救急車を呼びます!!

●全身の10%をやけどした(乳幼児の手のひら10個分くらい)

●皮膚が広範囲で黒くこげたり、白く変化した

●軌道をやけどした

できるだけ速やかに病院へ行きます!

●やけどした部分に衣服がはりついている

●口・鼻・目・関節部・外陰部にやけどをした

●やけどをした部分が500円玉くらいの大きさの赤みがある

●やけどをした部分が化膿して水ぶくれができた

●低温やけどをした

やってはいけないこと

アロエの葉・みそ・しょうゆなどを塗る

『アロエの葉や味噌をやけどに塗ると良い』ということを聞いたことがある方も多いと思いますが、実は民間療法は効果がないことばかりか、傷口に細菌感染を起こしてしまうこともあります。

なので自分の判断で塗るのはやめましょう。

体全体を冷やしすぎる

患部を冷やそうとして、水風呂に体全体をつけるなどして冷やしすぎると低体温になることがあります。

幹部以外は毛布などで温めておきましょう。

やけどの予防&対策

☐乳幼児の手の届く場所に、熱い飲み物や電気ポット、アイロンなどを置かない

☐キッチンには乳幼児だけで入れないようにする

☐テーブルクロスはしないか、子どもが引っ張れないように端をしっかりを留めておく

☐お風呂でお湯を出すときは、常に温度を確認する

☐直射日光が当たっている金属には触れさせない

☐外食するときは乳幼児から目を離さない

☐花火やバーベキューをするときは安全に注意する

 

 

お子さんをやけどから守るには、手の届く範囲にやけどの原因になるものを置かないことが1番です。

親がしっかりと、お子さんをやけどの危険から守ってあげましょう。