こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、赤ちゃんの鼻・耳・ツメのお手入れの方法についてまとめてみました。

鼻の掃除はこまめに!

大人は口でも呼吸ができますが、赤ちゃんは鼻での呼吸が中心です。

鼻で呼吸をしているので、おっぱいやミルクを飲み続けても苦しくはありませんが、鼻が詰まると途端に苦しくなってしまいます。

そうならないためにも、毎日チェックをして詰まる前に鼻掃除をしてあげましょう。

鼻くそは、綿棒の先で鼻の穴の入り口付近を引っかけるようにしてとります。

鼻水は、綿棒の先をクルクル回しながら引き出すようにすると、奥の鼻水までからめ取ることができます。

綿棒の先で鼻くそを奥に押し込んでしまうことがよくありますが、無理に取ろうとせず、自然に入り口付近に出てきたときに取るようにしましょう。

また、鼻が詰まっているときは、鼻吸い器を使って取ってあげましょう。

耳の掃除はほどほどに!

耳垢には、細菌が耳の中に入ってこないようにガードする働きがあるので、キレイに取らなくても大丈夫。

耳の穴の入り口付近に出てきた耳垢だけ綿棒で取ればOKです。

耳の穴の奥に耳垢が見えていると、つい取りたくなってしまいますが、綿棒を耳の奥まで無理に入れてはいけません。

耳の中の皮膚は薄くてやわらかいので、綿棒で傷をつけると外耳道炎になる恐れがあります。

耳の奥にある耳垢が気になるときや、耳の聞こえが悪くなっていると思われるときは、無理に取ろうとせず耳鼻科で取ってもらいましょう。

ツメは角を残さないように!

赤ちゃんのツメはすぐに伸びてきます。

そのままにしておくと、赤ちゃんがツメで自分の皮膚を傷つけてしまうので、こまめに切ってあげるようにしましょう。

とくに皮膚にかゆみがある病気の場合は、かきこわして悪化しないように必ずお手入れしましょう。

ツメを切るときは角を残さないように切るのがポイントです。

角が残っていると、皮膚にツメがあたったときに傷つけやすくなってしまいます。

1~2回で切ろうとするとどうしても角が残ってしまうので、何回かに分けて角を切り落とすようにしましょう。

 

【ツメ切りでやってはいけないこと】

ツメを皮膚ギリギリまで切る

赤ちゃんのツメがすぐに伸びてしまうからといって、皮膚ギリギリのところまで切るのはやめましょう。

深ヅメで痛くなったり、切るときに手元が狂って皮膚を傷つけてしまうことがあります。

ツメの白い部分を少し残すくらいで切りましょう。

大人用のツメ切りで切る

大人用のツメ切りは刃の部分が大きく厚くなっているので、赤ちゃんのツメを切ると深く切りすぎてしまうことがあります。

また、大人用のツメ切りでは、赤ちゃんの小さなツメを少しずつ切ることもできません。

赤ちゃんのツメを切るときは、きちんと赤ちゃん用のツメ切を使うようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク