こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんは生まれてから1歳までは、お祝い事やイベントがたくさんありますよね!

どれも赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事ですが、初めてだと何をいつすればいいのか分からないママもいると思います。

実際私も、子どもが生まれるまで詳しく知らなかったこともたくさんありました(^^;)

 

今日はそんな赤ちゃんのお祝い事について書いてみたので、ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

 

お七夜(生後7日)

お七夜は、赤ちゃんが無事に生まれたことや名前が決まったことを親族へお披露目し、無病息災を願う儀式のことです。

正式には名付け親が奉書紙に赤ちゃんの名前と生年月日を書き、三方に乗せて神棚や床の間に飾ります。

そして両家の親や近親者を招き、尾頭付きの鯛などのお祝い膳を囲みます。

しかし最近では、市販の命名紙(半紙)に両親などが名前を書く、簡易式なやり方が主流なようです。

 お宮参り(生後1ヵ月)

お宮参りは、地元の産土神に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を祈願するお祝い行事です。

地域によって差はありますが、男の子は生後32日、女の子は生後33日に行うのが一般的だそうです。

しかし現在は、あまりそういうことにはこだわらずに、赤ちゃんやママの体調がいい日や家族の都合に合わせて行うことが多いようです。

お食い初め(生後100日)

お食い初めは「一生食べ物に困らないように」と祈願するお祝いのことで、祝い膳の食べ物を赤ちゃんの口元に運び、箸で食べさせるまねをします。

地域によって『お箸初め』や『歯固め』などと呼んだり、行われる時期やお膳のメニューにも多少の違いがあるそうです。

昔は親戚を招いて盛大に行っていたそうですが、最近はパパとママだけでお祝いすることも多くなってきています。

ハーフバースデー(生後6ヵ月)

赤ちゃんには「生まれてきてくれてありがとう」という感謝を、パパ・ママには「半年間よく子育て頑張りました」というねぎらいを込めて行うハーフバースデー。

最近は自宅でお昼寝アートをしたり、スタジオで写真を撮られる方も多いですよね(^^)

我が家もスタジオで写真を撮ってもらいました☆

初節句

赤ちゃんが生まれて初めての初節句は、これからの成長を祈願するお祝いです。

女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句に祝いますが、生後1~2ヵ月で節句を迎える場合、まだ赤ちゃんが小さく大変なので、翌年にまわすことも多いようです。

桃の節句には雛人形を飾り、祝い膳はちらし寿司・はまぐりのお吸い物・春野菜などでお祝いします。

端午の節句は鯉のぼりをたてて、五月人形を飾り、祝い膳はチマキ・巻き寿司・柏餅などでお祝いします。

初誕生(生後1歳)

死亡率が高かった時代に、無事1歳を迎えられたことに感謝して、今後の成長を願いお祝いする風習が生まれたといわれています。

一寸餅を赤ちゃんに背負わせたり、そろばん・ものさし・筆・お金などを並べて、赤ちゃんがどれを取るかで将来を占ったりと、地域によって祝い方もいろいろです。

でも風習だけにこだわらず、家族で楽しくお祝いしてあげられたらいいと思います(●´▽`●)

 

 

1歳の誕生日までにたくさんの祝い事があって、ちょっと大変だな・・・って思うかもしれませんが、どの行事にも大事な意味が込められています。

家族の記念にもなるので、ぜひ皆でお祝いしてあげてくださいね!