こんにちは、ぺりかんです。

 

お子さんが保育園に通うようになると、連絡帳を毎日書くことになりますよね。

でもどんなことを書けばの・・・?と、悩むママも多いと思います。

 

そこで今日は『家庭と保育園をつないでくれる大切なツール』である連絡帳の書き方のポイントなどについてまとめてみました(^^)

連絡帳の役割と内容

連絡帳を書く1番の目的は、子どもの体調管理です。

保育園での様子と、家庭での様子を伝え合いながら、体調に問題がないかどうかを確認します。

そのほかにも体調だけではなく、保育園でどういう風に過ごしているのかや、成長ぶりがうかがえる様子なども伝えあうことができます。

 

私が保育園にいたとき、毎日「元気です」の一言だけを書くママや、全く何も書かないで提出するママも何人かいました。

朝は準備などで、バタバタして書くことが難しい人もいるかとは思いますが、保育園側としては、お子さんのことを知るためにも「せめて自由欄以外は書いてほしいな・・・」って思っていました(◎_◎;)

 

連絡帳は、登園時やお迎え時は慌ただしくてゆっくり話せる時間があまりない、保護者と先生をつないでくれる大切なツールなので、できるだけ書くようにしましょう。

連絡帳の主な項目

使用している連絡帳によって書く項目は変わってきますので、「だいたいこんな感じなんだなぁ」くらいに見てください(笑)

【家庭側】

●朝の体温

●ミルクの回数・量

●夕食と朝食の内容・量

●排便の回数・硬さなど

●前日の就寝時間・今朝の起床時間

●朝の機嫌(良い・普通・悪い)

●自由欄(家庭での様子など)

【保育園側】

●ミルクの回数・量

●昼食の内容・量

●排便の回数・硬さなど

●お昼寝の睡眠時間

●お昼寝中の体温

●おやつの内容・量

●園での様子(先生からのコメント)

書き方のポイントやコツ

連絡帳は、保育園の先生との交換日記のようなものです。

体調のことはもちろん、子どもの成長で気になること、嬉しかったこと、悩みなど、保護者は好きなように何でも書いていいんです。

「保育園で習ったお歌を、うちでも楽しそうに歌っていましたよ」などと、子どもの反応を伝えると保育園側も嬉しくなります!

私が仕事を始めたばかりの頃、「夜中寝言で、〇〇先生好き~って言っていましたよ~♡」というのを読んだときは嬉しすぎて泣きそうになりました(笑)

 

自由欄は子どものことだけでなく、自分自身のことを書いても全然OK!

「今週は仕事が忙しくなりそうです」といった何気ないことでも、お互いを理解しあうための一助になるはずです(^^)

 

 

連絡帳は、成長してから読み返すという人もたくさんいます。

そのとき悩んでいたことや、嬉しかったことなど、「私頑張ってたんだなぁ」って自分のことを褒めたくなっちゃいますよ(笑)

中にはお子さんと一緒に読み返す人もいると思うので、そのときのためにも、面倒くさがらずに頑張って書きましょう(*^^*)