こんにちは、ぺりかんです。

 

私は、コーヒーや紅茶が大好きです♡

妊娠前もほぼ毎日飲んでいたくらい(*´з`)

 

でも妊婦さんはカフェインの摂取は控えなければいけませんよね。

どれくらいなら飲んでもいいのか、妊娠前にたくさん飲んでいたけど大丈夫かな・・・など、いろんなが心配があると思います。

今日は、カフェインが赤ちゃんやママに与える影響や、1日の摂取量の目安などについて書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク


 

カフェインはどうしてダメなの?

カフェインとは、コーヒー豆や紅茶や日本茶などの茶葉、カカオ豆などに含まれている食品成分のひとつです。

カフェインには、中枢神経を刺激して血管や心筋などの収縮を促し、脳に軽い興奮状態を起こする動きがあります。

なので、朝のだるさや目を覚ましたいときなどにコーヒーを飲むとシャキっとしますよね。

また利尿作用もあり、副作用にはめまい・頭痛・不眠・胃腸障害などがあります。

 

妊娠中にカフェインを摂取すると胎盤を通じて、お腹の中の赤ちゃんに母親が摂取したのと同じ濃度で与えられてしまいます。

なので母体には大した影響はなくても、内蔵機能がまだ不完全でカフェインを分解し排出することができない赤ちゃんには、少しの量でも影響が出てしまう可能性があるんです。

 

カフェインを大量に摂取してしまうと、流産や早産、低出生体重児、発達障害などの原因になる恐れがあります。

また、母親と赤ちゃんを繋ぐ胎盤の血流を軽減させてしまうともいわれているので、貧血を起こしやすくなる原因にもなってしまいます。

 

カフェイン摂取は妊娠中だけでなく、授乳期間にも気を付けなければいけません。

母乳を通して赤ちゃんがカフェインを摂取してしまうと、興奮して泣き止まなかったり、落ち着きがなくなったり、また乳幼児突然死症候群の発症率が高まるという報告もあるそうです。

 

1日のカフェイン摂取量の目安は?

妊婦さんの1日のカフェイン摂取量の上限については、国際的な共通基準が決まっていないようです。

 

①WHO(世界保健機関)では、コーヒー3~4杯

②カナダ保険省、オーストラリア保険・食品安全局では、300mg

③英国食品基準庁では、200mg

 

と国によって様々です。

 

この基準を照らし合わせると、1日コーヒー1~2杯くらいなら飲んでも問題はなさそうですね。

もしどうしても気になる方は妊婦さん用のカフェインレスコーヒーの方がより安心かもしれません。

 

最近では、スターバックスなどでカフェインを抑えたディカフェなども流行っていますよね♪

これなら、妊娠中でもコーヒーを楽しむことができます(*^-^*)

 

妊娠中だからといって、好きなモノを我慢してストレスを溜めるよりも、体にも胎児にも安心な商品を上手に活用して妊娠ライフを楽しみましょう♪

 

 

スポンサーリンク