こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんが病気になったとき、注意したいことのひとつに脱水症状があります。

赤ちゃんは自分から「喉が渇いた」とは言えないので、病気のときはもちろん、普段から水分補給をこまめにして、脱水症状を防ぐように心がけましょう。

脱水症状ってどんな状態?

人間の体は水分が大部分を占めています。

脱水とは、病気など何らかの理由で体内の水分が減ってしまった状態のことをいいます。

脱水症状は軽症のうちに水分補給をすれば数分ほどで回復しますが、放置してどんどん症状が悪化してしまうと、けいれんや血圧低下を起こして、最悪の場合は死に至ることもあります。

発熱や下痢、嘔吐などで体の水分が失われるときは特に注意するようにしましょう。

赤ちゃんは脱水症状になりやすい

大人の場合、体内の水分量は体重の約60%なのに対し、赤ちゃんの場合は、体重の70~80%が水分です。

そのため、体内の水分を維持するために多くの水分が必要になります。

その一方で赤ちゃんは新陳代謝が激しく、たくさん汗をかいたり、体内の老廃物を外に出すためにおしっこもたくさんします。

体液を調整する腎臓の機能も未熟で、体内の水分が減ってもおしっこの量などで調節することができません。

また、発熱・下痢・嘔吐を起こしやすいのも、赤ちゃんが脱水症状になりやすい原因のひとつです。

脱水症状のサインは?

大泉門が引っ込む

明らかに陥没しているときは重症のサインです

目がくぼんでいる

重症化すると目が奥に引っ込む感じになります

顔色が悪くなる

顔色が青白くなり、ひどくなるとけいれんを起こすこともあります

おしっこの量が減る・出ない

悪化するにつれて量が減り、色も濃くなります

口の中・舌が乾いている

唾液の量が減り、口の中がベタベタしたり唇が乾きます

脈が速くなる

脱水になると、普段よりも脈が速くなります

肌がカサカサになる

みずみずしさや弾力が失われ、肌がカサカサになります

手足が冷たくなる

血液の循環が悪くなり、手足が方が冷えてきます

泣いても涙が出ない

涙になる水分もなくなるため、泣いても涙が出なくなります

機嫌が悪くなる

機嫌が悪くなり、ぐずったり眠れなかったりします

体重が減る

体重の5%未満の減少は軽症、10%以上減ると重症です

水分を欲しがる

脱水になると、普段よりもたくさんの水分を欲しがります

ホームケアと予防法

【健康なとき】

朝起きたとき・たくさん遊んだとき・汗をかいたとき・食事のとき・お風呂上りなどのタイミングで、麦茶や湯冷ましを飲ませて水分補給をします。

カフェインが多い飲み物やジュースは避けましょう。

【発熱・下痢・嘔吐のとき】

少しづつ何度も水分を与えましょう。

水分とともに電解質や糖分も失われるので、経口補水液や乳児用のイオン水を与えるのがいいでしょう。

赤ちゃんが嫌がるようなら、麦茶・湯冷まし・おっぱい・ミルクなど、赤ちゃんが飲めるものならなんでも構いません。

 

 

脱水症状は、悪化すると命にかかわることもある怖い症状なので、少しでも様子がおかしいと思ったら早めの対処が必要です。

 普段から子どもの様子をよく見て、水分補給もこまめにするようにしましょう。