こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、発達障害(自閉症スペクトラム・注意欠陥多動性障害・学習障害)についてまとめてみました。

発達障害とは?

発達障害とは、生まれつき脳に何らかの機能障害があるために、発達に遅れが出たりアンバランスが生じたりする状態のことです。

「コミュニケーションがとりにくい」「落ち着きがない」「言葉や知能の遅れある」などの症状が出るため、まわりの大人は「ちょっと育てにくい子だな」と感じることがあります。

ただ、このようなことは1~3才児までにはよく見られるので、乳幼児期での判断は難しく、親と小児神経科医などの専門家が協力して発達の様子を見ていく必要があります。

 

発達障害は外見からは分かりにくく、その症状や困りごとも十人十色です。

得意・不得意も極端で、過ごす環境や周囲の人とのかかわりのミスマッチから社会生活に困難が出てきます。

 

もし自分の子が発達障害と判断されたらパパ・ママは戸惑いますよね。

確かに、発達障害に根本的な治療法はありませんが、周囲の指導やかかわり方次第で、その子らしさや能力、興味を生かしながら社会に上手く適応して生活することも出来ます。

そのためにも早めに専門家の指導を受けることが大切です。

自閉症スペクトラム(ASD)

症状の特徴としては、人とかかわろうとしない・空気が読めない・人付き合いが苦手、などがあります。

言葉の発達の遅れのほか、会話のやり取りができない・相手の表情をくみ取れない・相手の気持ちを理解できないなど、コミュニケーションが上手くとれません。

また、興味や関心の幅が狭く物事に強いこだわりがあり、自分なりのルールが崩れるとパニックを起こすこともあります。

自閉症スペクトラムは判断時期や判断基準によって『アスペルガー症候群』『高機能自閉症』『広汎性発達障害』など名称が異なります。

とくにアスペルガー症候群は知能が高い傾向にあり、自閉症の症状も軽いために気づきにくいのですが、人間関係をうまく築けない、自分の意思を強引に通そうとする、自分なりのルールを崩せないなどの行動が将来にわたって残ります。

そのため、学校生活がうまくいかなくなって発見されたり、大人になってから判断されるというケースも少なくはありません。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

ADHDは、自分の行動のコントロールが下手なため、じっとしていられず動き回る、あと先考えずに行動する、気が散りやすい、などの年齢に見合わない不注意や多動性・衝動性が特徴です。

小学校に入学してから授業態度を注意されたり、集中できないために勉強についていけなくなり、発見されこともあります。

現在では薬で症状を抑えることもできますし、成長とともに自分は「気が散りやすい」「注意力がない」など意識するようになり、自己コントロールができる人も増えてきます。

学習障害(LD)

学習障害は、知的な発達に問題がないにもかかわらず、読む・書く・聞く・話す・計算する、といった特定の行動が困難なことが特徴で、学齢期になって初めてわかることが多いようです。

読むことはできても書くことは苦手、数字だけが理解できない、文章を理解することはできるのに書き写すことができないなど、得意・不得意の差が大きかったり、ある特定分野に偏りが見られます。

ADHDや高機能自閉症などを伴う場合は、それらも含めて考慮した学習支援が必要となります。

 

 

発達障害に対する認識は高まってきていますが、まだまだ本人も家族も悩みながら生活している人が多いのが現状です。

しかし、発達障害は周囲の人たちが対応を工夫することで、その子の『生きづらさ』を減らしてあげることができます。

適切な支援を受けるためにも、まずは身近な人たちが発達障害についてしっかりと理解することが大切ですね。

 

 

スポンサーリンク