こんにちは、ぺりかんです。

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。

ちょっとした刺激やムレなどで肌の弱い子だとすぐにかぶれてしまうためオムツ選びはとっても重要です。

今回は、そんなベビーオムツについてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

テープタイプとパンツタイプの違い

新生児期は、眠ったままでもはかせることができるテープタイプを使います。

テープタイプは、両サイドをテープを止めることで着用できるタイプのオムツなのでテープの伸びが重要です。

オムツを着けるときにしっかりとテープを止めないと横モレの原因にもなるので注意しましょう。

私は、パンパースを使っていましたが、テープの伸びもよかったので特に問題なく使うことができました(*^^*)

 

お子さんが自分で動けるようになったり、歩けるようになってきたらタイミングをみてパンツタイプに切り替えましょう。

特にこの時期にパンツタイプにしなければいけないという決まりはないみたいです。

息子がテープからパンツに変わったときは、少しお兄ちゃんになったなぁとしみじみ感じたのを今でも覚えています。

 

最近では、パンツタイプでもSサイズ(1~3ヵ月頃から)が販売されているようです。テープを止める手間がなく、サッと手軽にオムツをはかせたい時などはおススメです。

 

オムツ選びの7つのポイント

オムツ選びで大切なポイントをまとめてみました。

①着けやすさ

テープの伸びや縦・横のサイズ感があってないと着けづらいです。

②モレにくさ

ギャザーがしっかりとしているモノを選びましょう。伝いモレも要注意。

③持ち運びやすさ(厚み)

オムツによって厚みが違います。厚くてゴワゴワなモノも・・・。

④吸水性・スピード

しっかりと吸水してくれないとムレやかぶれの原因にも。

⑤肌ざわり

素材によって肌ざわりが柔らかかったり硬かったりといろいろです。

⑥通気性・ムレにくさ

夏場は特にムレやすいので通気性は大事。

⑦コストパフォーマンス

やっぱり、お値段が安い方が良いですよね。PBブランドはコスパ良し!

 

こう見ると、オムツだけでもたくさん気を付けるべきポイントがありますね。

私は、ムーニーとパンパースを使っています。

ムーニーは、デザインが可愛くて肌触りが柔らかいところがおススメです。

そしてパンパースは、縦長な形でおへそまでしっかりはかすことができ、薄くて持ち運びに便利なところが気に入っています。

 

オムツと一緒に持っておきたい便利グッズ

お出かけするときにオムツと一緒に持っておきたいグッズ☆

・オムツポーチ

外出するときの必需品です。お出かけするときは、毎回3枚ぐらいはおむつポーチにオムツを入れてお出かけしています。

オムツ以外にも息子が授乳期のときは、哺乳瓶やミルクなどを入れていました。

・防臭袋

これは必須ではないのですが、一度息子が車の中でうんちをしたときに車内のニオイが大変になった思い出があるのであればきっと助かると思います。

 

布おむつもアリ?

子育てママの4人に1人が布おむつを使っているみたいです。

節約したい方や赤ちゃんの肌が心配な方は、布おむつを使う手もアリかと思います。

経済的で環境にも優しい布おむつですが、洗濯物が増えることと少しのお漏らしでも取り換えなければいけないので紙オムツよりも手間なのが難点です。

 

オムツはセール時に

オムツは、スーパーやドラッグストアの日替わり商品でよくチラシに載っています。

たかが数百円、数十円と思うかもしれませんが、その積み重ねが大事なんです。

 

PBオムツはコスパがとても良いです。有名な商品としては、ベビザらスさんの『ウルトラプラス』などがあります。

お得に買い物ができるようにチラシやネットなどでセール情報などを細目に仕入れましょう♪

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク