こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、突発性発疹の気になる疑問についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

突発性発疹ってどんな病気?

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルスによる感染症です。

感染すると39~40度の高熱が3日程度続き、熱が下がると細かな赤い発疹が全身に出ます。

感染してから発症までの期間は1~2週間で、とくに生後6ヵ月~1歳半くらいまでの乳幼児に多く見られます。

熱のわりに比較的機嫌はよく、食欲もさほど落ちないことが多いようですが、下痢や咳、鼻水などの風邪に似た症状が出るこもあるそうです。

ほかの赤ちゃんにうつることはほとんどありません。

必ず感染するの?かからない子もいる?

突発性発疹のウイルスは、母体免疫が低下する生後6ヵ月頃から、濃厚に接触する人の唾液から感染します。

風邪のような症状や下痢などだけで、発疹が出ずに終わることもあるため、感染したか分からない場合もあります。

ほとんどの子は4歳頃までに、何らかの症状を伴って発症していると考えられます。

2回感染することもあるの?

突発性発疹を引き起こすウイルス、ヒトヘルペスウイルスは6型と7型の2種類が分かっています。

2回感染することはまれですが、感染したあと体に潜んでいたウイルスが体調を崩したときに再活性化して、かかっていない方の型を発症する可能性はあります。

ほかにも似たような症状を出すウイルスもあるので、突発性発疹に2回以上かかることはありません。

発疹がなくても突発性発疹と判断できる?

どんな病気も発熱のみで判断することはできません。

発熱後の経過を観察したあとで判断をします。

そうしないと、全く違う病気である可能性を見逃がしてしまう可能性があるからです。

高熱がでると、パパ・ママは早くなんの病気なのか知りたくなると思いますが、いろいろな病気の可能性を視野に入れてから判断していきます。

突発性発疹の発疹はかゆいの?

突発性発疹の発疹は、皮膚が炎症を起こしているものではなく、皮膚内の毛細血管が部分的に拡張して赤く見えているだけです。

血管の拡張によるものなので、あとが残るということもありません。

じんましんなどの発疹でかゆみが伴うのは、胎内にヒスタミンという物質が出るのが原因です。

突発性発疹はヒスタミンは出ないので、かゆみはありません。

熱けいれんを起こすことはある?

発熱によって起こる熱性けいれんは、熱が急に上がり始めるときに起こります。

熱性けいれんの発症には遺伝的要素があるので、突発性発疹で高熱が出たからけいれんにつながるとは限りません。

けいれんを起こしやすい体質の子が突発性発疹にかかるなどして高熱を出し、けいれんを起こすと考えられます。

突発性発疹の治療薬はある?

残念ながら、突発性発疹の原因であるヒトヘルペスウイルス6型・7型を抑える薬はありません。

ただし、鼻水や咳などの症状がひどい場合には、その症状を緩和する薬が処方されることもあります。

突発性発疹のウイルスには抗菌薬は無効です。

 

 

スポンサーリンク