こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんが生まれると、いろんな方から出産祝いをいただきますよね。

そのお祝いをいただいた方々に、感謝の気持ちを込めてお返しするのが『内祝い』。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しいと思うので、妊娠中にチェックをしておくのもいいかもしれませんね。

 

今日は意外と知らない内祝いのマナーなどについて書いていきます。

 

スポンサーリンク


 

出産内祝いとは?

もともと内祝いとは内輪のお祝いのことで、親族や助産師さん、近所の方など親しい人たちを家に招いて飲食を共にし、赤ちゃんの誕生を祝って配るもののことでした。

なので本来は「お返し」という意味ではありません。

しかし最近では「出産祝いをいただいた方たちへのお返し」という意味で定着してきています。

出産内祝いの基本マナー

内祝いを贈る時期は?

内祝いはなるべく早くお返ししたいですが、だいたい3週間から1ヵ月くらいまでに贈るのが一般的だそうです。

遅くても、赤ちゃんが生後2ヵ月になる頃までには贈るようにしましょう。

おすすめの贈り物は?

贈るものは自分で買うのは少しためらうような、ちょっと高級なものが喜ばれるようです。

贈り物の定番はタオル類や食器、日持ちするお菓子など。

最近は、自分で好きなものが選べるカタログギフトも人気ですよね。

贈ってはいけないものは?

・赤ちゃんの写真や名前入りの品物など、相手が処分するときに困る物は、親族以外には避けた方がいいでしょう。

・弔事で使われる日本茶や「(縁を)断つ」から縁起が悪いとされている刃物は避けましょう。

・贈る品物は相手が喜ぶものが前提なので、自分の趣味に偏り過ぎているものも避けるようにしましょう。

熨斗(のし)の書き方は?

出産祝いに添えるのしは、表書きに「内祝」または「出産内祝い」と書きます。

水引は紅白蝶結びで、水引の下に赤ちゃんの名前を入れます。

金額の目安はどれくらい?

金額の目安はいただいたものの1/3から半額くらいが一般的です。

ただし高価なものをいただいた場合は、相場通りにお返しすると逆に相手に気を使わせてしまうので、その場合は1/3以下でも構いません。

 

 

赤ちゃんの誕生は家族だけでなく、まわりの人たちも幸せにしてくれますよね。

妊娠中の時間があるときにカタログやネットなどで下調べをしておくと、出産後スムーズお返しを贈ることができるでしょう。

祝ってくれた方たちに感謝の気持ちを込めて、いい出産内祝が贈れるといいですね(*^^*)



出産祝い、誕生日などのギフトを選ぶならcuna select【クーナセレクト】
海外セレブも愛用のキッズ&ベビー用品がいっぱい