こんにちは、ぺりかんです。

 

皆さんはファミリーサポート制度って知っていますか?

子育てしながら働いているママなら聞いたことある方も多いと思います。

 

私が保育園で働いていた時も、利用しているママは何人かいました(*‘∀‘)

お仕事でお迎えが遅くなりそうなときや、弟や妹が生まれて送迎が困難なママなどが利用していましたね。

 

上手く利用すれば、忙しいママを助けてくれるとても便利なサービスです。

今日はファミリーサポート制度について書いてみたので、皆さん参考にしてみてください(^^)

 

ファミサポってどんな制度?

ファミリーサポート(ファミサポ)とは、地域の自治体が主体となって『育児の援助を受けたい人(利用会員)』と『育児のお手伝いをしたい人(提供会員)』が参加し、地域で子育てを支えあう育児支援システムのことです。

預かってくれる子どもの年齢は地域によって多少差はありますが、3ヵ月未満の乳幼児から中学生くらいまでを対象としているセンターが多いようです。

提供会員の方は90%以上が女性で、育児が終わり時間にも余裕がある60代・50代の方が多いそう。

 

どんな時に利用できる?

★保育園や学校までの送迎

★保育時間前や保育終了後(放課後や学童保育終了後)の預かり

★夏休みなどの長期休暇中の預かり

★保護者が病気のときや急用ができたときの預かり

などなど・・・

 

預かりや送り迎えが主ですね。

自治体や各センターによってサービスの範囲は多少異なりますが、急なお願いにも対応してもらえるもでとても助かりますね(*^^*)

 

利用するための手続きは?

利用会員として利用するためには、お住いのファミリーサポートセンターに連絡をし、詳しい説明を受け、書類などに記入をする手続きが必要です。

提供会員になるためには会員登録をし、ファミリーサポートセンターが実施する講習会に参加する必要があります。

 

その後は利用会員がセンターに依頼をして、条件の合う提供会員を紹介してもらい、お互い顔を合わせ・事前打合せをし、相互が納得すればサービスが行われます。

 

ファミサポの利用料金は?

料金は時間数や時間帯、サービスの内容にもよりますが、1時間600~800円程度が多いそうです。

提供会員のお宅でご飯を作ってもらったり、送迎で交通費がかかった場合は料金が追加されます。

また日曜日や祝日は割増しになることもあるので、料金についてはしっかり確認しましょう。

 

提供会員との相性は大事!

お子さんと提供会員の相性が良ければいいのですが、中には提供会員に懐かず嫌がるお子さんもいると思います。

提供会員の方に申し訳ないし・・・と契約を続けていると、思わぬトラブルになることもあるかもしれません。

そんなときは迷わず解約をして、新しい提供会員の方を紹介してもらいましょう。

 

 

ファミリーサポートは子育てを頑張るパパやママにとって心強い味方ですよね。

でもファミリーサポートは、あくまでも一般の方の援助によってな成り立っているサービスなので、過度な保育を求めてはいけません。

サービスの内容はしっかり把握しておきましょう。

皆さんも手助けが必要なときなど、子育てに上手く取り入れてみてはいかがでしょうか?