こんにちは、ぺりかんです。

 

うちの息子は歩き始めたのが1歳3ヵ月と、少し平均より遅めでした。

歩き始めてからくつは買えばいいかなぁと思っていたら、いとこがちょうど歩き始めた頃にプレゼントしてくれました(^^)

頂いたのは、ミキハウスの結構いいやつ✨

息子は足のサイズも小さいので、約5ヵ月くらいは履かせていました(^^;)

 

 

私は今回は頂いたので自分では選んではいないのですが、皆さんは何を基準にファーストシューズを選びましたか?

歩きやすさ、デザイン性、履かせやすさ、足へのフィット感などいろいろあると思います。

そこで今回は、そんなファーストシューズの失敗しないために気を付けたいことや、選び方のポイントなどについて書いていきたいと思います(^-^)

 

スポンサーリンク


 

ファーストシューズはいつから履く?

ファーストシューズを履かせる時期に決まりはありませんが、目安としては1人で5~10歩くらい歩けるようになった頃。

早いうちに購入するのがいけないわけではありませんが、歩けないうちは外で使用する機会があまりありません。

そうすると、歩けるようになっていざ使おうとしたときには、サイズが合わなくなってしまった・・・なんてこともあります。

なので購入時期は、歩けるようになってからでも遅くはないと思います。

 

ただ初めてくつを履いたとき、嫌がってしまうお子さんもいますよね。

うちの子も違和感があったのか、はじめの5日くらいは履かせても脱ごうとしてばっかりでした(^^;)

こういうことを防ぎたい方は、歩き始める前から部屋の中でくつを履かせ、慣れさせておくのもいいと思います。

 

ファーストシューズ選びポイント

★足のサイズの確認をする

くつを選ぶ際、足の大きさ+5㎜~1㎝を目安にするといいですよ。

赤ちゃんは足の指に力を入れて歩く癖があるので、くつの中で指を自由に動かせるよう、つま先部分に余裕が必要です。

お店でしっかり、店員さんに足のサイズを計測してもらいましょう。

 

★クッション性があり、柔らかい靴底

歩き始めたばかりの赤ちゃんは、まだまだバランスが不安定なので、硬い靴底だととても歩きにくいです。

靴底が足なりに曲がり、硬い地面の衝撃から赤ちゃんの足を守れるよう、クッション性の高いくつを選ぶようにしましょう。

 

★履かせやすく、脱げにくいデザイン

赤ちゃんはまだ自分でくつを履くことができないので、パパやママ、大人の方が履かせますよね。

そのとき履かせやすいように、履き口が大きく開き簡単に留められる、マジックテープタイプのものがおすすめです。

また、脱げにくいことも選ぶときの大事なポイントです。

 

★通気性が良く、吸汗性に富んだ素材

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、とても汗っかきです。

くつの中は蒸れやすいので、通気性や吸汗性も重視しておきたいポイントです。

 

★インナーの凸凹が少ない

インナーの素材が硬かったり縫い目などの凸凹が多いと、赤ちゃんの皮膚に負担がかかってしまいます。

くつを選ぶときはインナーもしっかりチェックしましょう。

 

ファーストシューズの買い替え時期

【乳幼児の平均的な足のサイズ】

*新生児~3ヵ月:8~11㎝

*3ヵ月~6ヶ     :9~12㎝

*6ヶ月~1歳     :11㎝~13㎝

*1歳半~2歳  :12㎝~14㎝

*2歳~3歳  :13㎝~15㎝

 

なんと3歳までの子どもは半年に1㎝ずつ足のサイズが大きくなるそう!

子どもの成長スピードってすごいですね・・・(◎_◎;)

 

このスピードでいくと、5㎜~1㎝大きいサイズで買った場合、3~6ヵ月くらいが買い替えの目安ということになりますね。

もちろん子どもによって成長スピードに個人差があるので、あくまでも目安です。

現にうちの子は、5ヵ月でセカンドシューズに切り替えましたが、履こうと思えばまだ全然履けました(笑)

子どもの靴は3ヵ月おきくらいに、キツくなっていないかチェックした方が良さそうですね。

 

ちなみにセカンドシューズに買ったのはnew balanceのスリッポンタイプのくつでした。

 

ファーストシューズは初めて赤ちゃんが履くくつです。

だからこそ、ちゃんとその子に合ったものを選んであげたいですよね。

 

息子のくつは頂き物でしたが、一切何の問題もなく5ヵ月間履くことができました。

でも今回いろいろ調べてみて、今度子どもが産まれたときはちゃんと自分で選んであげたいな、と思いました(^^)

 

皆さんのお子さんのくつを選ぶ際の参考にしていただけたら幸いです(´▽`*)

興味のある方は、下記の公式サイトをチェックしてみてください♪

 



ミキハウス