こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、これからの時期に気を付けたい子どもの熱中症についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

乳幼児は熱中症になりやすい!

乳幼児は体温調節がまだ未熟なため、大人より外気の影響を受けやすくなります。

そのため、炎天下や直射日光の下にいなくても、高温多湿な環境で長時間過ごすと、水分不足になったり、熱が体内にこもったりして熱中症を起こしやすくなるんです。

熱中症は大人が注意することで防ぐことができるので、とくに夏の遊びのときなどは、子どもの様子をよく観察するようにしましょう。

水分補給をこまめにするのはもちろん、家の中でももし汗をかいていたら、室温を調節するなどして、涼しい環境をつくってあげましょう。

熱中症の症状は?

熱けいれん

高温多湿の環境で長時間過ごすことで、頭痛・めまい・腹痛・嘔吐・けいれんなどが起こります。

皮膚は蒼白で熱くなり、汗をかきます。

体温は平熱から38度以下です。

熱失神(日射病)

直射日光の下で長時間過ごすことで血圧低下が起こります。

体温は平熱から低めになり、皮膚は蒼白で冷や汗が出ます。

熱疲労

高温多湿下で激しい運動をすると、だるさ・頭痛・吐き気・めまい・血圧低下・頻脈・意識障害などが起こります。

体温は38~40度まで上がります。

熱射病

熱中症の中で最も重症で、夏の閉め切った車内などで起こります。

頭痛・嘔吐・意識障害・けいれん・ショック状態・多臓器不全などを起こします。

皮膚は乾燥・紅潮し、汗は出なくなり、場合によっては死に至ることもあります。

熱中症を起こしやすいケース

◆暑い日に厚着をさせると、体に熱がこもり熱中症になる危険があります。

「発熱したから温かくしなきゃ!」と、さらに保温すると熱中症を重症化させてしまうこともあります。

 

◆炎天下の公園やプールなどで遊びに夢中になっていると、気づいたときにはぐったりということもあります。

重症になると、水分を受けつけなくなります。

 

◆照り返しの強い道路では、大人より地面に近い子どもは、より暑さの影響を受けやすくなります。

短時間であっても、子どもは暑さ負けして熱中症になることがあります。

 

◆熱中症の事故の中で一番多いのは、駐車中の車内で起きる事故です。

直射日光の当たる車内は50度以上になることもあり、たった10分いただけでも熱中症になります。

熱中症になったときの対処法

症状がある軽い場合は、涼しい場所に移動して、水分や塩分を補給します。

もし、意識がない・けいれんを起こしている・水分を受け付けないなどの症状がみられる場合は、すぐに救急車を呼びます。

 

こんな場合はすぐに救急車を呼ぼう!

☐意識が朦朧としている・意識がない

☐けいれんを起こしている

☐水分を受けつけない

 

こんな場合は速やかに病院に行こう!

☐唇や皮膚が乾いていて潤いがない

☐顔色が青白い

☐おでこやわきの下、耳が熱い

☐気温の高い場所で元気に遊んでいて、突然ぐったりする

☐おしっこが5~6時間以上出ない

☐吐き気や嘔吐がある

☐汗が出なくなった

 

【応急処置の方法】

①血液が脳に流れやすいように、タオルなどで足の位置を高くし、頭を低くして寝かせます。

衣類は脱がせるかボタンをはずして、こもった熱を外に逃がします。

エアコンがある場合は20度くらいにして、お子さんをエアコンの側に移動させましょう。

 

②扇風機やうちわで風を送り、冷水で絞ったタオルや保冷剤を包んだタオルを、わきの下・うなじ・もものつけ根など静脈が集中する箇所を冷やします。

発熱がある場合は、平熱になるまで続けます。

 

③吐き気が治まったら、どんな水分でもいいので、少しずつ数回に分けて飲ませます。

1~2時間様子を見て、元気にならないときは、病院を受診しましょう。

予防と対策をしっかりしよう!

お子さんを熱中症にさせないために、予防と対策を心がけましょう。

☐水分補給をこまめにする

☐夏は15~20分外遊びをしたら、日陰などの涼しい場所で休む

☐夏の晴れた日のアスファルトや土の上、砂の上での遊びは短時間にする

☐夏の暑い日の外出時は通気性のいい服を着せ、帽子をかぶらせる

☐高温注意報などが出ている日は外出を控えるか、夕方にする

☐炎天下の車には、絶対に置き去りにしない

 

 

子どもは軽い熱中症なら、いつもと同じように元気があり、大人が熱中症だと気づかないこともあります。

熱中症は早めの対処が大切なので、まわりの大人が注意深く、しっかりと対策や処置をしてあげるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク