こんにちは、ぺりかんです。

 

出産のとき、旦那さんが仕事でなかなか家にいなかったり、産後の育児に不安がある場合、里帰り出産を選択する方は多いと思います。

家族のもとで出産できるということはリラックスはもちろん、何より安心できますよね。

いいことばかりのイメージがある里帰り出産ですが、実際はどうなんでしょう?

 

今日はそんな気になる里帰り出産のメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

里帰り出産のメリット

●実の母が側にいる

里帰り出産でこれが1番のメリットじゃないでしょうか。

特に初めての出産の場合、出産から育児まで一通り経験している母親が側にいることはとても心強いことです。

●ゆっくりと過ごせる

食事作りや掃除などの家事を母親に任せることができるので、ゆっくり過ごすことができます。

自宅の場合だと、なかなかそうはいきませんからね。

●産後しっかりと休める

出産は体に大きな負担がかかるので、産後しばらくは疲れがたまった状態です。

赤ちゃんを見ていてくれる人がいれば、ママは睡眠時間を確保することもできます。

●育児に専念できる

家事を母親に任せることができるので、ママは育児だけに専念することができます。

里帰り出産のデメリット

●病院替えの手間がかかる

病院を替える場合は、新しい病院でもまた検査をしたり、手続をしなければいけないので、少し面倒かもしれません。

●夫と長い間離れる

里帰り出産の間、間旦那さんは自分で家事をしなければいけませんし、家で長期間1人というのはとても寂しいはず。

旦那さんへの気遣いも忘れずにしてあげましょう。

●父親としての自覚形成が遅れる

パパは生まれてからしばらくの間も、赤ちゃんとは離れて暮らすことになります。

その為、父親になったという自覚形成が遅れることもあります。

●育児に口を出される

両親が側にいることはいいことも多いですが、自分の子育てのやり方に口を出され、それがストレスになることも。

今と昔の育児は大きく違うことも多いので、そこはきちんと理解してもらいましょう。

●予想外の出費があることも

ママの交通費はもちろん、パパの交通費やご近所への手土産、実家で新たにそろえなければいけないものなど、意外と出費がかさむことも。

実家に帰るだけとはいえ、お金は前もって用意しておいた方がいいかもしれません。

 

 

里帰り出産はゆったりできることがメリットですが、甘え過ぎには注意です!

家事も全くせず、赤ちゃんのお世話も片手間にしていると、自宅に帰ったときに自分が大変な思いをすることになってしまいます。

里帰り中でも親に甘え過ぎず、できることは自分でするように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク