こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんが無事に産声をあげたら「お産は終わった!」と思うかもしれませんが、実はまだ体が激変する時間は続いています。

赤ちゃんが生まれても、まだもう少し続くお産。

 

今日は、出産後すぐのママと赤ちゃんの様子についてまとめてみました。

スポンサーリンク


出産後2時間は分娩台の上で過ごします

赤ちゃんが無事生まれて、大きな産声も聞こえたら一安心。

その後しばらくして、再び軽い陣痛が起こって胎盤が出たらお産は終了です。

でも出産直後は、まだ母体が急変する可能性が高いので、病室には移らず、そのまま分娩台に横たわり2時間ほど過ごします。

これは単に体を休めるだけではなく、急な大出血、血圧の急上昇・急降下など、なにか起こったときにすぐに対処する為でもあります。

一方、臍帯を切ってもらった赤ちゃんは、血や液体などをぬぐわれ、羊水を吸い出し、インファントウォーマー(保温のためのベッド)の上で、様々な検査が行われます。

こうして赤ちゃんも元気であることが分かったら、寝ているママの胸元に赤ちゃんを抱く『カンガルーケア』をしたり、初めての授乳を試みたりと、母子の絆づくりがあらためて、分娩台の上で始まります。

お産直後に受けるケアと検査

《ママ》

胎盤が出たら、会陰切開した場合は縫合し、大きな変化がないかどうかを分娩台の上で経過観察されます。

母子ともに元気なら、初めての抱っこ、初めての授乳など、感動の「初」シーンも分娩台の上で(*^^*)

体をチェック

出血の具合、会陰の傷の様子、子宮の収縮具合などをチェックします。

初乳を与える

赤ちゃんの口をママの乳首の近くに寄せてあげるだけで「吸てつ反射」によって、赤ちゃんは本能で乳首を吸います。

体を拭いて着替えをする

お産で汗だくになり、血や体液がついた分娩着を寝たまま脱がせてもらい、体をタオルで拭いてから入院着に着替えます。

アイスノンケア

おなかの上にアイスノンをのせて、子宮の収縮を促します。

低体温にならないように、実施しない方針の施設も。

 

《赤ちゃん》

ママの温かい胎内から、体温調節も未発達なまま、15度近く気温の低い外界に出たばかりで、とにかく体を冷やさないことがとても大事!

呼吸状態、心拍数などのチェックは手早く、あたたかいインファントウォーマーの上でされます。

へその緒を切る

赤ちゃんの体が完全に外に出て、臍帯の拍動がおさまったら、臍帯をクリップ留めして止血し、ハサミで切ります。

羊水を吸い出す

肺の中に満たされていた羊水は、初めての呼吸とともに吐き出されますが、残っている羊水は口からカテーテルで吸引します。

体を拭く

体についたママの血液や体液をタオルで拭います。

脂肪が多い場合はぬぐわれますが、皮膚を守るために必要なので残すこともあります。

身長・体重の測定

赤ちゃんの身長や体重を量っておき、後でどれくらい成長しているのかの目安にします。

病室でゆっくり休みましょう

出産が終わってから2時間、その間に異常が起きなければ、ストレッチャーか車いすに乗って、または自力で歩いて病室へ移ります。

私が息子を産んだときは、移動に車いすを用意されたんですが、腰が砕けそうなほど痛くて、とても座れる状態じゃなかったので、自力で歩いて病室に行きました(^^;)

病室に戻ってもベッドに座ることができなくて、その日は立って昼食を食べました(笑)

人によっては興奮して眠れなかったり、産後の痛みが強くてつらいこともあるそうですが、そんなときは遠慮なく産院のスタッフに相談しましょう。

お産から5~6時間たったら、血圧・脈拍・体温をもう一度チャックします。

その後は体力の回復を図りながら、授乳など育児も少しずつ始まり、ママとしての生活がスタートしていきます。

 

 

スポンサーリンク