こんにちは、ぺりかんです。

 

子どもを保育園に通わせている途中で、ママが仕事を辞めることになった場合、「保育園は辞めさせられちゃうの(;´・ω・)?」と、心配になってしまいますよね。

認可外保育園の場合は、ママが仕事をしているかどうかはあまり関係ないようですが、認可園の場合はどうなんでしょうか?

 

今日は、もし仕事を辞めたら保育園はどうするのか、またどういう手続きが必要なのか、などについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

退職理由によっては在園できる

基本的に、退職後すぐに退園ということにはならないので、そこは安心して大丈夫だそうです。

もし退職理由が介護や病気の場合は、そのまま在園することが可能です。

他の理由で辞めた場合も、働く意思があって、ちゃんと求職活動をしていれば、しばらくの間は在園することができるそう。

しかし、一定の猶予期間の間に就職先が決まらなかったり、決まった仕事の勤務時間が以前より短時間になってしまった場合は、退園しなくてはいけないこともあります。

※猶予期間は一般的に2~3ヵ月(自治体によって異なる)

もし仕事が決まらなかったら?

猶予期間内に就職先が決まらなかったら、いったん退園をして家庭保育をするか、認可外の保育園に転園させて求職活動をそのまま続けることになります。(もしお子さんが3歳以上なら幼稚園に通わせるという選択も)

希望の仕事に就けない場合、とりあえずアルバイトでつないで、働きながら就職先を探すという方も中にはいるそうです。

もし猶予期間を過ぎてしまっても、市区役所に相談すれば少しは待ってもらえることもあるとか。

真摯な姿勢でアピール?することが大事になりそうですね。

退職後の手続きの流れ

①退職日が決まったら報告する

退職する日が決まったら、できるだけ早めに保育園と役所に伝るようにしましょう。

役所では『家庭状況等変更届け』などの提出が必要になります。

②雇用保険の申し込みをする

勤めていた会社から『離職票』と『雇用保険被保険者証』を受け取り、それを持って住んでいる地域のハローワークで手続きを行います。

③健康保険証を切り替える

家族の扶養に入る方は市区役所で手続きをし、そうじゃない方は国民健康保険に切り替えます。

社会保険を一定期間『任意継続』する方は、退職から20日以内に協会けんぽの支部で手続きをします。

④国民年金に切り替える

退職時に受け取った年金手帳を持って、14日以内に地域の役所などで手続きが必要になります。

⑤就職活動を始める

無料の求職セミナーや、ネットの求職サイトもチェックしてみましょう。

マザーズハローワークなどに行って相談するのもおすすめです。

 

 

仕事を辞めることになったからと言って、すぐに退園させられるわけではありません。

ですが、早めに次の就職先を見つけて安心したいですよね。

その為にも、きちんと計画を立てて、1日も早く就職活動をスタートするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク