こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんに会えて幸せいっぱいのはずなのに、なぜか悲しくて涙が出てしまうマタニティブルー。

出産後のママの約30%~50%が経験するといわれていて、誰でもなる可能性があります。

出産前から「マタニティブルーってこういうものなんだ」と知っていれば、出産後もしマタニティブルーになったとき、症状ラクになることもあります。

 

そこで今日は、マタニティブルーの原因や症状、解消法についてまとめてみました。

マタニティブルーとは?

産後は、体調とともにホルモンバランスが激変します。

この変化は自律神経やメンタルにも大きく影響して、軽いうつ傾向になったり、気持ちが不安定になります。

こういった症状のことを『マタニティブルー』といいます。

最近は妊娠中の気分の浮き沈みのこともマタニティブルーいうこともありますが、本来マタニティブルーとは、産後の一時的な気分の落ち込みのことを指します。

マタニティブルーは産後2.3 日~1週間の間に始まることがほとんどで、発症後4~5日がピークに徐々に治まり、10日間から2週間で自然に軽快に向かっていきます。

もし産後1ヵ月以上経っても症状が改善しない場合は、産後うつの可能性もあります。

マタニティブルーは病気ではなく一過性のものですが、産後うつは精神的疾患なので、その場合は重症化しないためにも早めに病院病院へ行くようにしましょう。

【マタニティブルーの主な症状】

●わけもなく涙が出てくる・泣きたくなる

●気分が落ち込む

●不安や焦りを感じる

●物事に集中できない

●食欲がなくなる

●イライラしやすくな

●落ち着かずソワソワする

●不眠

●頭痛

マタニティブルーの解消法

①体をゆっくりと休める

睡眠に勝る体力回復法はありません。

授乳以外の仕事は家族にお願いして、ママは体を休めましょう。

家事を完璧にしよと思わずに、手を抜けるところは抜いていいんです。

②誰かと話をする

不安やな気持ちや、不満を心にためておくのはよくありません。

誰かに話を聞いてもらうだけでも心はラクになります。

些細なことでもいいので、友達や家族に話すようにしましょう。

③自分を責めない

マタニティブルーの主な原因はホルモンの急激な変化です。

産後のママなら誰でもなる可能性がある生理現象のひとつなので、決して自分を責めないようにしましょう。

④赤ちゃんとスキンシップ

何より大事なのは、赤ちゃんをかわいいと思えることです。

赤ちゃんとたくさんスキンシップをとることで、不安な気持ちや焦りなどはなくなっていくはずです。

⑤ひとりの時間を作る

赤ちゃんが生まれれしばらくは、ひとりの時間を持つもはなかなかできません。

でもそういうことがストレスになっていることもあるので、たまには家族に赤ちゃんのお世話をお願いして、外に出かけたり、趣味を楽しむのもいいですよ。

 

 

マタニティブルーは病気ではありませんし、しばらくすれば自然に治まります。

「こんな経験は私だけじゃない!」「数日で治る!」と開き直るくらいの気持ちで乗り切りましょう!