こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠も安定期に入り、つわりなども落ち着いてきたら、体を動かすチャンスです。

妊娠中に運動することには、メリットがいっぱいなんですよ☆

 

今日はマタニティスポーツについていろいろ書いていきたいと思います。

適度な運動で、妊娠ライフを快適に過ごしましょう(^^)

 

スポンサーリンク


 

マタニティスポーツのメリット

妊娠初期は体が大きく変化する時期で、この頃はまだ流産などの心配がありますが、胎盤が完成する安定期なら運動を始めることができます。

妊娠中の運動は、体重管理ができるだけでなく、お産のための体力づくりにもなります。

また血行もよくなることで、むくみ・腰痛・便秘などの妊娠中のマイナートラブル予防にも期待できます。

 

ただし、妊娠中は体調が第一なので絶対に無理をしてはいけません。

始める前はお医者さんに相談をして、許可をもらってからにしましょう。

運動中にお腹が張ったり、気分が悪くなったりしたら、無理をしないで休むようにします。

もし途中で違和感などを感じたら、すぐに中止してください。

おすすめのマタニティスポーツ

●ウォーキング

ウォーキングは全身を動かして、脂肪を燃焼してくれる有酸素運動です。

特に専門的な指導の必要もないので、手軽に始めることができます。

●マタニティヨガ

マタニティヨガは骨盤まわりを調整したり、出産時に必要な筋肉を鍛えることができ、腰痛やむくみ解消にも効果的です。

またヨガ特有の呼吸法は、強い陣痛のときに落ち着きを取り戻すもにも役立ちます。

●マタニティフラ

マタニティフラはリラックスした雰囲気でできるので、最近とても人気があるそう。

動きはゆったりしていますが、以外に下半身の筋肉を使うので、足腰を鍛えることができます。

●マタニティビクス

マタニティビクスは妊婦さんのために考えられたエアロビクスのことです。

全身を使う運動なので、筋肉が鍛えられたり、腰痛対策にもなります。

●ストレッチ

ストレッチは腰痛を予防してくれる他にも、股関節を柔らかくしてくれるので、出産時の態勢がラクにできるようになります。

 

※球技やダンス、ジョギング、エアロバイクなどは転倒やケガの恐れがあります。

また、激しい運動は体に負担がかかるので、妊娠中は避けるようにしましょう。

 

 

マタニティスポーツは、妊娠中のマイナートラブル予防にはもちろんですが、妊娠中に体力をつけておくことで、出産後の赤ちゃんのお世話にも役に立ちます。

しかし、妊娠中は普通に生活しているだけでも体に負担がかかっている状態です。

体に不調があるときや、いつもと何か違うなと感じたときは、無理をせず休みましょう。

お腹が痛くなったり、出血があるときは、すぐに病院に行くようにしてください。

 

無理のない範囲で、楽しみながらマタニティスポーツをしてみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

 

スポンサーリンク