こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんを保育園に預ける場合、母乳で育てているママは「ミルクに切り替えなくちゃいけないのかしら(;´・ω・)?」と心配になりますよね。

私が勤めていた保育園は、残念ながら母乳の受け入れは行っていませんでした(~_~;)

しかし今は、母乳は免疫力をあげるのに役立つことから、積極的に預かってくれる保育園も増えてきているんだそう。

 

今日は保育園での、気になる母乳やミルクのことについてまとめてみました。

園の方針によって変わる!?

保育所食育に関する方針(食育推進基本法)には、「冷凍母乳の受け入れ体制も整え、母乳育児の支援できるように配慮する」という記述があります。

しかし施設によっては、冷凍母乳は衛生管理が難しいという理由から、受け入れをしていないというところもあります。

母乳を保育園に預ける際は、搾乳したものを保存用の母乳パックに入れて持っていきます。

そしてそれを保育園の冷凍庫で保存し、授乳時間に解凍・温めをしてから哺乳瓶で飲ませます。

 

【子どもが哺乳瓶を嫌がる場合は・・・】

●ママの仕事の昼休み中に保育園に来てもらって授乳する

●子どもの空腹のタイミングを観察し、お腹が空いた頃にあげる

●よりおっぱいに近い哺乳瓶であげてみる

●スプーンやスポイトなど、哺乳瓶以外のものであげてみる

など、様々な対処をしてくれる保育園もあるそうです。

ミルクの種類は選べるの?

ミルク派のお子さんの場合も、対応は保育園によって様々です。

●保育園が決めたものを飲ませる

●週種類の中からママが選んだものを飲ませる

●家から持参したものを飲ませる

など。

保育園探しの際は、どんなやり方であげているのかも、しっかりと確認しておきましょう。

 

お子さんの中には、哺乳瓶の乳首が変わると飲んでくれない子もいますよね。

保育園によっては、普段ウチで使っている乳首を預かってくれるところもあるようですよ。

 

 

母乳育児を推奨し、なるべく母乳を持ってきてもらう方針の保育園、衛生面の問題から人口のミルクを使用する保育園など、各施設の方針によって違いはありますが、どちらにしても、保育園としっかり連携をとって、子どもに負担がかからない方法を考えることが大切です。