こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、子どもがかかりやすい病気のひとつ、中耳炎についてまとめてみました。

中耳炎の症状とは?

鼻やのどの細菌が耳管(耳とのどをつなぐ管)を通して中耳に伝わり、中耳に炎症が起きた状態を中耳炎といいます。

大人の耳管は普段閉じていますが、赤ちゃんや幼児の耳管は短いうえに開放気味で、鼻やのどの細菌が耳に侵入しやすいため、中耳炎になりやすいのです。

とくに2才までは一度なってしまうと、しつこく繰り返すことが多いようです。

主な症状は、発熱・鼻水・耳の痛み・黄色い耳垂れなどがあります。

 

【急性中耳炎】

風邪で鼻水や高熱が出たあとになりやすく、耳が痛みます。

炎症が進み、中耳にたまった膿が鼓膜を破って外に出ると耳垂れとなります。

ひどく機嫌が悪い、耳を触る、頭を左右に振る、激しい夜泣きなどが見られたら中耳炎のサインです。

痛みを訴えられない赤ちゃんに、このような様子が見られたら早めに受診をしましょう。

 

【滲出性中耳炎】

中耳の炎症に続き、鼓膜が陥没し、浸出液がたまった状態です。

急性中耳炎を放っておいたり、鼻水、鼻詰まりが続いたときや、急性中耳炎にかかったあと完全に膿を取り除けなかった場合などに起こります。

鼓膜に水がたまるので耳の聞こえは悪くなりますが、痛みなどの目立った症状がないので気づきにくいことが多いそう。

テレビに近づいて見る、聞き返しが多い、呼びかけに反応しないなどが多くなり、耳が聞こえにくいのかな?と思ったら耳鼻科を受診しましょう。

治療とホームケア

【急性中耳炎】

症状が軽い場合は、鼻水の吸引や抗菌薬の服用などの治療で経過を見ます。

膿がたまっていたり、痛みがひどい場合は鼓膜を切開し、たまっている膿を出します。

切開の痕は3日~1週間で自然に塞がります。

炎症が治まっても完治したと判断される前に服用をやめたりすると、滲出性中耳炎に移行することがあるので、きちんと完治させることが大事です。

抗菌薬は医師の指示通り、処方された分を最後まで飲ませましょう。

 

【滲出性中耳炎】

まず鼻やのどの病気を治療し、耳管の通りをよくする処置を行います。

それによって、中耳の内側の液が自然に抜けて治ることもあります。

必要があれば、鼓膜を切開して浸出液を吸引したり、繰り返す場合には、鼓膜の内部に空気を通すために専用のチューブを入れる処置を行うこともあります。

 

《ホームケア》

●鼻水をこまめに吸ってあげる

●中耳炎の原因にもなるたばこの煙は避ける

●免疫増進物質が多く含まれている、野菜・果物・魚介類で免疫UP!

●鼻詰まりの原因となる環境アレルゲン(ホコリなど)を排除する

●痛みが強い場合は、冷たいタオルと耳の後ろにあてると、痛みが和らぎます

 

 

中耳炎は完治までに長い時間が必要です。

医師の指示に従って耳鼻科に通い、症状を確認してもらいながら完全に治し切りましょう!

 

 

スポンサーリンク