こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠中はお腹の赤ちゃんの為に、バランスよくいろんなものを食べたほうがいいですよね。

でも中には、注意しなければいけない食材や食べものがいろいろあるんです。

知らずに食べて、もしも母体や赤ちゃんに影響が出てしまったら大変です。

そうならない為にも、どんな食品が注意が必要なのかをきちんと知っておくことが大切です。

 

今日は妊婦さんが気を付けるべき食品や食べ方、また赤ちゃんにどのような影響があるのかについてまとめてみました。

 

生肉

生肉や加熱が不十分なお肉は『トキソプラズマ』や『O-157』に感染するリスクがあります。

トキソプラズマは哺乳瓶や鳥類に糞などにいる寄生虫で、土の中にも潜んでします。

妊婦さんがトキソプラズマに感染してしまうと、胎児に『先天性トキソプラズマ症』という重い障害を引き起こす可能性があります。

トキソプラズマは加熱によって死滅するので、お肉を食べるときは必ず十分に火を通してから食べるようにしましょう。

生卵

卵

洗浄が不十分な卵の殻には『サルモネラ菌』が付着していることがあります。

感染すると、嘔吐・腹痛・下痢などの食中毒を起こします。

サルモネラ菌は直接お腹の赤ちゃんに影響はありませんが、妊婦さんが感染してしまうと子宮が収縮しやすくなり、流産や切迫早産を引き起こす恐れがあります。

サルモネラ菌も加熱すると死滅するので、心配な方は火を通してから食べるようにしましょう。

大型の魚

マグロ

マグロやカジキなどの大型魚、金目鯛などには水銀が多く含まれていて、それを妊婦さんが大量に摂取してしまうと、胎児の発育に影響があるといわれています。

ですが魚に含まれる良質なタンパク質は、赤ちゃんの成長にもとても大切なものです。

全く食べてはいけないというわけではなく、週1~2程度なら食べて問題ないそうです。

サケ・アジ・サバ・イワシ・サンマ・ブリなどの魚は、特に水銀を気にせず食べても大丈夫!

気になる方は、厚生労働省のHPで水銀量の確認ができるので、チェックしてから食べるといいですね。

非加熱の加工品

チーズ

ナチュラルチーズ・カマンベールチーズ・ブルーチーズや、生ハム・スモークサーモンのように、加熱せずに製造された加工品は『リステリア菌』に感染する恐れがあります。

リステリア菌に感染すると、流産や早産、死産などの原因になることもあります。

プロセスチーズは加熱かされているので、食べても問題ありません。

レバー・うなぎ

うなぎ

レバーやうなぎに含まれるビタミンAを過剰摂取すると、奇形や先天性異常などの悪影響を及ぼす危険があるといわれています。

ですが妊娠中は貧血になりやすいので全く食べないということではなく、鉄分が多く含まれるれレバーなどは1日の摂取量を超えない範囲で摂るよにするといいでしょう。

海藻類

ワカメ

ひじき・ワカメ・昆布などの海藻、インスタントのみそ汁などには『ヨウ素(ヨード)』という成分が含まれています。

ヨウ素は過剰摂取すると、赤ちゃんの甲状腺機能を低下させる恐れがあります。

ですが全く摂取しないでいると『ヨード欠乏症』や『クレチン症』になり、赤ちゃんが脳障害や発達障害を引き起こす恐れがあります。

ヨウ素は調味料にも含まれており、知らないうちに摂りすぎていることもあるので、摂取量には十分気を付けましょう。

 

 

赤ちゃんの成長にはママの食事が大きく影響しますが、好きな食べ物を制限されるのはつらいですよね。

でも絶対に食べてはいけないという食材はありません。

大切なことは適切な量をきちんと守り、いろんな食材をバランスよく食べることです。

あまり神経質にならずに、楽しく妊娠ライフを過ごしましょう(*^^*)