こんにちは、ぺりかんです。

 

保育園入園が決まったら、保育園側から面談の日程を決める連絡がきます。

面談で聞かれる内容などは各園によって異なると思いますが、今日は基本的な面談内容についてまとめてみました。

面談で聞かれることは?

面談は、園が子どもを安全に預かるために、必要な情報収集をする場です。

格好は、あまりかしこまった服で行く必要はありませんが、くだけすぎない、清潔感のある服装で行くようにしましょう。

面談をする際は、園長や主任、栄養士など複数の先生と行うのが一般的です。

子どもについての情報は、入園の申し込みの書類にも記入しますが、面談では、より具体的な細かい内容を聞かれます。

【聞かれる内容】

●就寝時間・起床時間・お昼寝時間

●食事の時間・食事の内容(好き嫌い)

●アレルギーの有無

●好きなこと・嫌いなこと

●就業時間と通勤時間

●寝るときの癖

●寝かしつけの方法(抱っこ、添い寝など)

●家では何と呼ばれてるか

●布オムツか、紙オムツか

●母乳かミルクか混合か(ミルクの銘柄)

●両親以外にお迎えに来る人

●心配ごと、気がかり、園への要望

などなど。

通勤時間を考慮して、送り迎えの大まかな時間を決めたり、延長保育が必要かどうかについても話し合います。

聞きたいことは前もってメモを!

面談では、たくさんの質問を次々に聞かれます。

スムーズに答えられるように、子どもの生活リズムを改めて確認するなど、前もって準備をしておきましょう。

また、予防接種などについても聞かれるので、母子手帳も忘れずに持って行きましょう。

面談は、心配なことや気になることを聞くことができる貴重な機会でもあります。

「ママの方から質問はありますか?」と聞かれても、とっさに出てこないこともあると思うので、質問したいことは事前にメモしておくと安心です。

言いづらいことも正直に伝えよう

面談のときありがちなのが、つい見栄を張ったり、隠し事をしてしまうケースです。

「いい印象を持ってもらいたい」「内定をもらったのに落とされてしまうかも・・・」という気持ちから、つい、ウソをついてしまうことがあるようです。

でもそうすると、あとになってトラブルになったり、先生たちに迷惑をかけることになってしまいます。

保育園の面談は、幼稚園のお受験の面接とは違い、子どもと自分たちのことを分かってもらうために行うものなので、質問には正直に答えるようにしましょう。

心配なことがある場合は、先生方にも把握しておいてもらうと安心です。

保育園は子育ての味方です!

気になることは何でも相談しましょう(*^^*)

 

 

面談は保育園でお子さんが安全・快適に過ごすために、とても大切なものです。

不安が残らないように、聞きたいことはしっかりと聞いて、お子さんもご家族の方も楽しい保育園ライフが送れるようにしましょう(*´▽`*)