こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠前にペットを飼っていた方は、妊娠すると感染症などが心配になりますよね。

だからといって愛着のあるペットと離れるということは精神的にもツラいですし、なかなかできることじゃないですよね・・・。

でも接し方に気を付ければ、ペットと安心して暮らすことができます。

 

今日は妊娠中のペットとの上手な付き合い方と、気を付けたいポイントなどについて書いていきます。

 

妊婦さんが気を付けたい感染症は?

≪トキソプラズマ症≫

トキソプラズマ症はトキソプラズマという原虫を病原体とする人畜共通感染症のことで、感染源はネコ科の動物や豚のフンといわれています。

妊娠前からペットを飼っている場合は、基本的に問題はないとされています。

ですが妊娠中に初めて感染した場合は、胎盤と通してお腹の中の赤ちゃんに感染することがあります。

感染してしまうと、流産・早産・発育の遅れ・水頭症などを引き起こす恐れも・・・。

 

《パスツレラ症》

パスツレラ菌は犬の75%、猫のほぼ100%が口の中に持っている病原体で、引っ掻かれたり噛みつかれたりすりことで感染します。

感染すると皮膚が赤く腫れたり化膿したり、リンパが腫れることもあります。

 

《エキノコックス症》

エキノコックス症(包虫症)は寄生虫の1種であるエキノコックスによって感染します。

人に感染すると、重い肝機能障害を引き起こすこともあります。

 

《バルトネラ症》

バルトネラ菌に感染した猫や犬に引っ掻かれたりすると、人にも感染してしまうことがあります。

感染すると、発熱やリンパの腫れを引き起こします。

 

《サルモネラ症》

サルモネラ菌を持つ動物のフンに手で触れ、それが人の口の中に入ってしまうことで感染します。

感染すると、発熱・下痢・嘔吐などの食中毒症状が出ます。

ペットの飼い方のポイント

①ペットに触ったら必ず手を洗いましょう

②口移しで食べものを与えないようにしましょう

③フンの処理は手袋やマスクをしてこまめにしましょう

④生肉は菌が残っていることもあるので生では与えない

⑤飼い主もペットも抗体検査を受けると安心です

安心してペットと暮らすために

《犬》

妊娠中は抵抗力弱っているので、妊娠前より菌に感染しやすくなります。

顔や口をなめるなどの過剰なスキンシップは控えましょう。

 

《猫》

感染した猫が排泄した土や砂は、未感染猫の新たな感染源になってしまいます。

なので、フンをしたらすぐに処理する習慣をつけるようにしましょう。

 

《爬虫類・両生類》

爬虫類や両生類はサルモネラ菌を持っています。

触ったら必ず手を洗うようにしましょう。

 

《魚類》

魚を入れている水槽には雑菌がいっぱいです。

水槽の水を替えたり、水に手を入れたときは必ず手を洗いましょう。

 

《鳥類》

鳥類は『オオム病』に感染する可能性があります。

エサの口移しはやめましょう。

 

妊娠をしても飼い方を気を付ければ、ペットとの暮らしをあきらめずに一緒に暮らすことができます。

ペットも大切な家族です。

いつまでも仲良く暮らしていけるといいですね(*^^*)