こんにちは、ぺりかんです。

最近、息子が絵本に興味が出てきたようで、本を読んでと私の元に持ってくるようになりました。

以前は読み聞かせしても興味がなくなるとすぐに別のおもちゃで遊んでいたのですが、少し大きくなり本の内容を理解できるようになってきたみたいです。

 

車が登場すると『ぶー、ぶー』、犬が登場すると『わん、わん』と言うようになりました。

もうすぐ2歳になるのに言葉を話すのが少し遅い息子です・・・

それでも、少しづつ成長している息子をみて日々嬉しく思います。

 

そこで今回は、最近息子に買ってあげた絵本をご紹介したいと思います。

『きんぎょが にげた』と『しろくまちゃんのほっとけーき』の2冊です。

 

Picture book

 

なぜこの本を買ったかというと、どちらも昔からある絵本で実は私も小さいころ、お母さんに読み聞かせしてもらった大好きな絵本だったからです。

 

『きんぎょが にげた』は、五味 太郎さん作の絵本で絵のタッチがやさしくてレトロな感じが私は好きです。

内容は水槽から逃げたきんぎょがいろんな所へいき似ているモノにかくれんぼするお話です。

お子さまと一緒になって探し遊びができる絵本となっているので楽しみながら絵本を読むことができます。

 

『しろくまちゃんのほっとけーき』は、わかやま けんさん作の絵本でかわいいしろくまちゃんがお母さんと一緒にほっとけーきを作るお話です。

自分で作る楽しさやそれを食べる嬉しさ、お友達と分け合う喜びなどが詰まった心がほっこりする一冊となってます。

個人的は、ホットケーキが焼けていく工程を絵や音(言葉)でわかりやすく描いているところが一番の見どころかと思います。

うちの息子はホットケーキが出来上がるまでの工程よりも卵が落ちて割れるページがなぜかお気に入りのようです(笑)

 

どちらの絵本も親子で楽しみながら読むことのできる絵本となっているので興味のある方はチェックしてみてくださいね!

2冊目にご紹介した絵本は、【こぐまちゃんシリーズ】としてまだまだたくさん種類があるのでお子さまの興味に合わせながら選んでみるのも楽しいかもしれませんね♪

 

絵本選びに悩んだときは7000冊以上が一部試し読みができ、1700冊以上が丸ごと試し読みができる『絵本ナビ』を使ってみてはいかがでしょうか。



絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら