こんにちは、ぺりかんです。

 

皆さんは戌の日に安産祈願はされましたか?

妊娠して初めて戌の日という言葉を知った人も多いと思います。

私も言葉は何となく聞いたことはありましたが、実際何をするのか、どういう儀式なのか全く分かりませんでした。

 

そこで今日は「どういうことをするのか」「いつ誰と行くのか」「どういう由来があるのか」など、戌の日についていろいろと書いていきたいと思います(^^)

 

戌の日のお祝いって?

戌の日のお祝いとは、妊娠5ヵ月目に入った最初の戌の日に『岩田帯』という腹帯を巻いて安産祈願をする、日本に古くからある風習のことです。

なぜ戌の日に行られるかというと、犬は一度にたくさんの赤ちゃんを産み、他の動物に比べてお産が軽いことが由来のようです。

岩田帯は神社で購入できるそうですが、中には販売していないところも結構あるそうなので事前の確認が必要ですね。

最近はいろんなデザインのものも多く、自分でネットなどで購入する人も増えてそうです。

いつ、誰と行けばいいの?

戌の日の安産祈願は正式には『5ヵ月目の最初の戌の日』に行うのが良いとされていますが、これはあくまでも目安なので祈願そのものはいつ行っても構わないそうです。

体調が優れないときや、仕事をしている方なら予定が合わないなど、いろいろな事情で最初の戌の日に行けないこともあります。

安産祈願はほとんどの神社いつでも受けつけているそうなので、あまり戌の日にこだわらず自分が行ける日に行っていいと思います。

 

戌の日の安産祈願に誰と参拝するのかの決まりはありません。

旦那さんとふたりで、両家の親も一緒に、友達と、ママひとりで、など参拝のスタイルは様々です。

初穂料ってどれくらい?

安産祈願の祈祷をお願いするとき神社に初穂料を納めるのですが、その相場はだいたい5,000~10,000だそうです。

紅白の蝶結びの水引ののし袋に現金を入れ、上段に『御初穂料』と書き、下段には祈祷を受ける両親(妊婦さんと旦那さん)の名前をフルネームで連名(または性のみ)を書きます。

神社でのお参りの作法は?

①お清め

手水舎で手を洗い、口をすすぎます。

身も心も清め『祈祷してもらう』という心構えで行いましょう。

 

②御祈祷の申し込み

神札所で申込用紙に安産祈願であることを記入します。

そしてここで初穂料を支払います。

 

③本殿でお祓い

名前を呼ばれたら本殿に入り、ご祈祷の前にまずお祓いを受けます。

静かに座り、軽く頭を下げます。

 

④祝詞奏上

神主が神様にご祈祷のお言葉を送ります。

頭を軽く下げ、静かに聞きましょう。

 

⑤二拝二拍手一拝

祝詞が終わったら立ち上がり、姿勢を正して二拝二拍手一拝をします。

 

⑥授与品を受け取り終了

神主から一人ひとりに授与品が手渡され終了になります。

所要時間は10~15分程です。

 

 

神社や地域によって多少違いはあるかもしれませんんが、戌の日のお祝いにはこういう意味や決まり事などがあります。

必ずしないといけない行事ではありませんが、産まれてくる赤ちゃんの無事を祈り、家族と相談しながら体調がいい日にぜひ安産祈願に行ってみてはいかがでしょう?