こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠中期になると母親学級の参加を考えるママも多いと思いますが、中には父親も一緒に学ぶことができる両親学級に参加されるご夫婦もいると思います。

父親も一緒に参加することにはどういうメリットがあるのか、またどういうプログラムがあるのか・・・。

今日はそんな両親学校についていろいろまとめてみました(^^)

 

スポンサーリンク


 

両親学級とは?

両親学級とは、妊娠・出産・育児についての正しい知識や、新生児のお世話の仕方を学ぶ場のことをいいます。

開催しているのは、通っている病院や産院・自治体が行っている保健センター・民間の企業や財団法人などがあります。

受講は体調が安定する妊娠中期が理想ですが、仕事をしているママは産休に入ってからでも大丈夫です!

両親学級は母親学級に比べると開催される回数か少なく、夫婦で参加しやすいように平日の夜や週末に開催されることが多いそうです。

民間が行っているセミナーやイベントなどはHPで告知しているので、参加を希望される場合は早めに予約をするようにしましょう。

どんなことをするの?

受講する内容は開催している場所によって多少の違いはありますが、大まかには以下のようなことをします。

●旦那さんの妊婦体験

妊婦体験用のジャケットやベルトを装着して、妊婦さんの疑似体験をします。

妊婦さんは大変と言葉で言っても想像には限界がありますよね。

実際にお腹の重さや動きづらさなどを体感することで、妊婦さんの大変さや気持ちをより理解することができます。

 

●赤ちゃんのお世話の実習

赤ちゃんのお人形を使って、抱っこの仕方・オムツの替え方・沐浴の仕方の体験実習をします。

「お世話ってこんなに大変なんだ・・・」と分かるだけでもいいことですし、一度体験することで自信にもなります。

 

●サポート法について学ぶ

陣痛や立ち合い出産のときの補助動作について学びます。

陣痛が始まったときに病院に連絡するタイミング・出産までの流れ・出産時の呼吸法・陣痛のときのマッサージの方法など。

奥さんのサポート法を知っておくことは、きっといざというとき役に立つはずです。

 

●心構えについての講義

妊娠・出産・育児の中で注意すべきことや、心構えについての話を聞きます。

妊娠や育児には旦那さんの協力がとても大切ですが、それについていまいち理解できていない方や、手助けしたいけどどうすればいいのか分からない方もいると思います。

助産師さんなどの話を聞いて、夫婦でどう取り組んでいくか話し合うきっかけになります。

 

 

両親学級は必ず参加しなければいけないものではありませんが、参加することでパパになる自覚が芽生えたり、教わったことはきっと出産や育児に役にたつはず!

もちろん、ためになるのは旦那さんだけではありません。

初めての妊娠して人はもちろんですが、数年ぶりに妊娠した人もおさらいのつもりで受講すると、新しい情報が得られるかもしれません。

両親学級に参加して、夫婦の絆が一層深まるといいですね(*^^*)

 

 

スポンサーリンク