こんにちは、ぺりかんです。

 

小さなお子さんとのお出かけのときにとっても便利な抱っこひも。

特に人混みが多いところに行くときや、電車やバスなどの公共機関を使うときはとっても役に立ちますよね。

今回は、そんな抱っこもの中でも人気ブランドである「Ergobaby」について書いてみたいと思います。

 

まずは、エルゴベビーのブランド説明から・・・

 

エルゴベビー・ベビーキャリアは2003年にハワイ・マウイ島で誕生しました。
抱っこをする人と、赤ちゃんのための「動きやすさ」、「快適性」を追求したデザインは、多くのに両親に選ばれ、現在、50か国以上で販売され、たくさんの賞を受賞しています。
「もっと、ずっと抱っこをしたい」という一人の母親の思い(ベビーウェアリング)から誕生したエルゴベビー。
「ベビーウェアリング」は抱っこやおんぶで赤ちゃんを身につける(Wearing)ように、いつも一緒にいること。
このスタイルが赤ちゃんの心を安定させ、信頼感を育み、家族の健やかな成長へとつながります。

 

この様に、世界中のママ達に支持されている抱っこひもがエルゴべビーなんです。

私も実際にエルゴの抱っこひもを使っていましたが、赤ちゃんが大きくなっても肩や腰に負担がかかりにくい作りになっているのでとってもラクに抱っこができ、長時間着けていても特に気になることなく使用することができました。

着け方も慣れればそんなに難しくないので、初心者ママでも気軽に使える抱っこひもじゃないかと思います。

私が抱っこひもを買ってから数年が経ちましたが、更にデザインや機能性が高まった商品が出ているみたいです(*^^*)

 

スポンサーリンク


 

エルゴベビーを選ぶときの4つのポイント

ここではエルゴべビーを選ぶときに注意しておきたいポイントをまとめてみました。

初めてのお子さんなのか、2人目なのか、お出かけが多いのか、旦那さんも使うのかなどご家庭によって様々だと思います。

まずは、次の4つのポイントを参考に選んでみてください(*‘∀‘)

 

・新生児からつかえるかどうか?(インサート必要かどうか?)

インサートとは、新生児から赤ちゃんの首が座る頃(生後3ヵ月~4ヵ月頃)まで抱っこひもに装着するオプションのことで、インサートが必要な抱っこひもに装着すると3,200g体重があれば、生まれてすぐからでも抱っこひもの使用が可能になります。

 

・いろんな抱き方ができるか?

抱き方にもいろいろあります。

対面抱き・腰抱き・おんぶ・前向き抱き・クロス装着など各抱っこひもによってできる抱き方が異なります。

 

・形や作りの違い

腰パッドの有無やサイズ調整のしやすさなど、着け心地も様々です。

 

・素材の違い

綿やポリエステル、肌に優しいオーガニック素材もあります。

 

同じエルゴベビーでもこの様にいろんな特徴があるので、自分に合った抱っこひもを選びましょう♪

 

エルゴベビーの種類

2017年12月現在、エルゴベビーの抱っこひもは大きく分けて4種類のタイプに分かれています。

 

<インサートが必要なタイプ>

①オリジナル

 

エルゴでは一般的なモデルじゃないでしょうか?
デザイン豊富で服装に合わせやすいのがこの抱っこひもの特徴です。

【抱き方】

対面抱き・腰抱き・おんぶ

【形】

腰パッドはありません。サイズ調整はリュックと同じで肩ベルトの部分を調整することでサイズ調整をします。

【素材】

綿や肌ざわりにこだわったオーガニックコットン、ポリエステル素材など

 

②360°

親と同じ方向が向ける前向き抱っこができるタイプで、特に外出が多い方におススメの抱っこひもです。

 

【抱き方】

対面抱き・腰抱き・おんぶ・前向き抱き

【形】

腰パッド有りタイプとマジックテープタイプの2種類があります。

私が買った360°はマジックテープタイプでしたが、今は腰パッドタイプが主流の様です。

抱っこひも前部のボタンを調整することで前向き抱っこも可。

【素材】

綿・ポリエルテル(メッシュ部分)素材

 

<インサート不要(3,200gから使用可能)なタイプ>

③ADAPT

インサートいらずで新生児から使用できる抱っこひもで、綿タイプだけでなくメッシュタイプもあります。

 

【抱き方】

対面抱き・腰抱き・おんぶ・クロス装着

【形】

腰パッド有、サイズ調整は抱っこひも前部に付いているので調整がしやすいです。

【素材】

綿・ポリエステル

④OMNI 360

今年の11月に発売したばかりの新作抱っこひもです。

新生児から使用することができ、前向き抱っこもできるADAPTと360°を合わせたような抱っこひもです。

 

【抱き方】

対面抱き・腰抱き・おんぶ・前向き抱き・クロス装着

【形】

腰パッド有、サイズ調整は抱っこひも前部に付いているので調整がしやすいです。

抱っこひも前部のボタンを調整することで前向き抱っこも可。

 

デザイン重視の方は、オリジナル。お出かけが多い方は360°。

新生児からすぐ使いたい方や機能性重視の方は、ADAPTかOMNI 360がおススメです(*^-^*)

 

各抱っこひも特徴も様々なので自分に合った商品を探してみてください。

 

安全ベルトで落下防止!

現在販売されているエルゴベビーには、『安全ベルト』という落下防止用のベルトが付いているみたいです。

抱っこひもを着けたまましゃがんだりした際に、横からすり抜けて落下する事故や抱っこひもが正しく着用されておらず落下してしまう事故などが多発した経緯もあり、より安全にということでベルトが追加されたみたいです。

 

ちなみに、私の購入したときには安全ベルトはまだありませんでした・・・(^^;)

 

安全ベルトは単体でも買うことができるみたいなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

決して安くはない買い物なので、自分が納得できる商品と出会えると良いですね(*‘∀‘)

 

エルゴベビーは偽物も多く出回っているみたいなので、もしネットで買うときは正規代理店でもあるDADWAYを選んだほうが安心ですね。

 

【DADWAY公式サイト】