こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんが生後1ヵ月になったら、赤ちゃんとママの体調を診るため1ヵ月検診に行きます。

そして、それ以降も、赤ちゃんの健康や成長の状態を診たり、ママの育児状況や悩みなどを把握するために、定期的に『乳幼児健診』受けることになります。

住んでいる地域によって検診を受ける回数は異なりますが、3~4ヵ月・1歳6ヵ月・3歳の3回は、定期で必ず受けるようにと決まっています。

 

今日は、定期健診で実際どんなことをするのか、月齢・年齢別にまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

乳幼児健診とは?

定期健診は、生後間もない赤ちゃんの健康保持及び増進を図ることを目的に行われるもので、体重の増え方・先天性の病気の有無・発育や栄養状態などを確認します。

また、乳幼児健診は、ママが普段気になっていることや、育児の悩みなどを小児科医や保健師に相談することもできる、貴重な場でもあります。

状況に応じた支援を紹介してくれたり、子どもに合ったアドバイスをしてくれるので、気になることは遠慮せず何でも聞くようにしましょう。

すべての検診でチェックすること

検診内容は、月齢や年齢などによって違ってきますが、毎回必ず行う項目がいくつか決まっています。

★身体測定

おむつ姿になり身長・体重・頭囲・胸囲を測ります。

★おなかの触診

軽くおなかを押して、内蔵にしこりや腫れがないかを調べます。

★口の中の診察

舌や喉に傷や感染症がないかを診たり、歯が生え始めたら歯の状態もチェックします。

★大泉門の触診

頭のてっぺんを触り、大泉門の開き具合や閉じ具合を確認します。

★聴診

心音や呼吸音に雑音がないかを確かめます。

★性器の診察

男の子は陰嚢・精巣を、女の子は外陰部にトラブルがないかを診察します。

★問診

母子健康手帳を見ながら、ママやパパから普段の様子(授乳・排泄・睡眠など)を口頭で聞きます。

1ヵ月検診(任意)

1ヵ月検診は、普通は出産した産院で受けます。

【チェックするポイント】

●母乳やミルクの量や回数

●体重の増え具合(1日18~30gが理想)

●おへその状態(ジュクジュク・でべそなど)

●黄疸は消えているか

●先天性股関節脱臼があるか

●ビタミンK欠乏症性出血

●モローも様子

●目や鼻のトラブルはないか

3~4ヵ月検診(定期)

【チェックするポイント】

●発育や栄養状態

●首すわりの様子

●股関節の開き具合

●あやすと笑うか

●音に反応するか

●目を合わせることができるか

●おちんちんのトラブルはないか

●離乳食開始の説明

この時期は乳児脂漏性湿疹など、肌のトラブルも出やすいので、気になる人は問診のときに聞いてみましょう。

6~7ヵ月検診(任意)

【チェックするポイント】

●寝返りやおすわりの様子

●発育曲線からはずれていないか

●離乳食の回数や量

●遊びやおもちゃやへの関心

●人見知りの有無(精神面の発達)

●歯の生え具合

●音への反応や発声の様子

この時期は発育状態に個人差が出てくる頃ですが、その子なりのペースで成長していれば問題はありません。

9~10ヵ月検診(任意)

【チェックするポイント】

●つかまり立ちやハイハイの様子

●歯の生え具合

●バンザイやバイバイができるか

●喃語の様子

●離乳食の進み具合

●予防接種の進み具合

●パラシュート反応

人見知りで、いつもはできていることが検診中できない子もいますが、ママやパパの話から大体の発育具合は把握できるので、心配しなくても大丈夫です。

1歳検診(任意)

【チェックするポイント】

●ひとり歩きや伝い歩きの様子

●簡単な一語が言えるか

●言葉の理解の様子

●周囲に対する関心の様子

●大泉門のチェック

●どんな遊びが好きか

体の大きさだけでなく、言葉の発声や理解などにも大きな差があるので、上手くできなくても問題ありません。

1歳6ヵ月検診(定期)

【チェックするポイント】

●ひとり歩きができるか

●指さしができるか

●小さなものをつかめるか

●物の名前がわかるか

●歯の本数・生え方・虫歯など

●歯の磨き方の指導

1歳6ヵ月検診は、歩きとコミュニケーション、肢体の運動機能のチェックがメインで行われます。

 

 

乳幼児健診は、子どもの成長状態や病気の可能性がないかをチェックしたり、専門家に相談もできる貴重な場です。

もし気になっていることや育児への不安などがある場合は、母子手帳に記入しておいて、検診のときに聞くのもいいでしょう。

決められた時期にきちんと受診して、子どもの成長を見守ってあげましょう。

 

 

スポンサーリンク