こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんが生後2ヵ月になったら、予防接種スタートですよね。

予防接種は、成長に合わせてスケジュールを立てておく接種もれを防ぐことができます。

その際に優先しなければいけないのは、その地域で流行している病気や、赤ちゃんがかかると重症化しやすい百日ぜきや細菌性髄膜炎、麻疹などの予防接種です。

日時が決まっている集団接種もあらかじめスケジュールに組み込みます。

 

【上手にスケジュールを立てるポイント】

1,重症化する恐れがある病気を優先する

0歳代の場合は、百日ぜき(DPT-IPV)とヒブ、小児肺炎球菌、BCGを優先させましょう。

そして1歳代は、MRを最優先させます。

病気の流行状況は、かかりつけ医や自治体などに聞いて参考にしましょう。

2,低月齢では、ヒブと肺炎球菌を早めに受ける

ヒブと肺炎球菌は4回の接種が必要なので、できるだけは早い時期がら接種を始めましょう。

この2つに加えて、B型肝炎とロタウイルスとの同時接種でスタートするのが一般的です。

3,日時が決められている集団接種を軸にする

集団接種は受け損ねると、次の接種日時まで受けられないことがあるので、先に予定を入れましょう。

ワクチンによる接種間隔を考えて、前に受けるもの、後に受けるものを決めるとスムーズにいきます。

4,季節性のあるものは流行状況を考える

冬に流行するインフルエンザや夏に発症しやすい日本脳炎など、流行に季節性があるものは、その季節の前に接種を済ませるようにしましょう。

流行状況は、かかりつけ医や自治体などに確認をしましょう。

5,各ワクチンの接種間隔に注意する

生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイドとワクチンの接種によって、次の接種まで空けなければならない間隔があります。

また、複数回受ける必要のあるワクチンは、次の接種までの期間がそれぞれ決まっているので注意しましょう。

6,同時接種できるワクチンも検討する

DPT-IPV、ヒブ、小児肺炎球菌など、接種時期が重なるワクチンは同時接種することもでき、スケジュールを短縮することができます。

どのワクチンを同時接種できるかなど、詳しいことはかかりつけ医に相談をして進めて行きましょう。

 

【もし予定がずれてしまったら・・・】

予定を立てていても、赤ちゃんの体調が悪くて受けられないこともありますよね。

複数回接種するワクチンの場合は、次の接種までの間隔が多少ずれてしまっても大丈夫です。

予定通りに接種できなくても慌てずに、改めて予定を組み直しましょう。

分からないときは、かかりつけ医や自治体に相談をしましょう。

 

 

スポンサーリンク