こんにちは、ぺりかんです。

 

昨日は節分でしたね。

我が家は息子が生まれてから初めての豆まきをしました~(∩´∀`)∩

 

数日前に「よし、今年の節分は豆まきをしよう!」ってなんたんですが、夫も私も正式なやり方が分からなかったので調べてみると・・・

豆をまく人は『一家の主』もしくは『年女・年男』『厄年の人』がまくと縁起がいいって書いてありました。

なんと!今年大厄の私にピッタリじゃないですか!(笑)

 

他にも

●豆はまく前に枡か三方に入れて神棚にお供えする

●豆まきはなるべく遅い時間にする(夜中が理想)

●枡は常に胸より高い位置で持つ

など、初めて知ることが多くありました。

でもこれらのマナーや作法は、今ではほとんどが曖昧になってきているんだとか。

なのであまり細かいことは気にしなくていいそうです(*´ω`)

 

よかった。

うちには神棚も枡ないし、息子を遅くまで起こすわけにはいきませんからね。

 

ちなみに去年は豆まきはしませんでしたが、お面は手作りしました。

すごく嫌がってつけてはくれませんでしたが・・・”(-“”-)”

 

そこでリベンジで、今年もお面を作ってみました!

仕上がりはこんな感じです(^^)

 

節分のお面

 

真ん中の穴に顔をはめるタイプのお面にしてみました~

ちょっとポップ過ぎましたね、全然怖くない(^^;)

 

保育園に努めていたときも毎年節分の製作はしていたので、作っていると懐かしい気持ちになりました(●´ω`●)

こういうのって、普段はジャイアンタイプみたいな子が1番怖がって泣くんですよね(笑)

 

昨日は夫が遅番で帰りが遅かったので、豆まきは息子とふたりでしました。

まず1階の玄関に向かって階段の上から「鬼は外~!」

そしてお部屋の中に「福は内~!」

豆まきが気に入ったのか楽しそうに投げまくる息子(笑)

 

食べる分は残してね・・・

 

ちなみに今年はちゃんとお面付けてくれました~( *´艸`)

 

鬼のお面

 

今年は恵方巻は食べなかったので、来年はたべたいですね。

そしてそのときはパパに怖い鬼役をしてもらって、ぜひ息子の泣き叫ぶ姿が見たいです(笑)