こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は『揺さぶられ症候群』についてまとめてみました。

揺さぶられ症候群ってどんな病気?

揺さぶられ症候群とは、赤ちゃんを激しく揺さぶることで、脳内出血や網膜出血を起こすことをいいます。

赤ちゃんの脳と頭蓋骨の間に隙間があるために、強く揺さぶられることによって、脳と頭蓋骨を結ぶ静脈ややわらかい脳組織が切れてしまいます。

症状としては、顔色が蒼白になる・ぐったりする・意識がなくなる・けいれんを起こす・嘔吐する・呼吸が不規則になる、などがあります。

場合によっては、脳性麻痺・精神運動発達遅滞・視力障害などの後遺症が残ったり、緊急の治療をしないと生命に危険が及ぶこともあります。

通常の育児では起こりません

乳幼児揺さぶられ症候群は、1970年代にアメリカの研究者によってその存在が明らかにされました。

それ以来「たかいたかいはしてはいけないの?」「車に長時間揺られていてもなるの?」など、不安になるママ・パパが増えたそう。

でも、揺さぶられ症候群はごく普通の育児をしていれば、まず起こることはありません。

危険なのは、1秒間に赤ちゃんの体を2往復させるくらいの暴力的な揺さぶりです。

これは、赤ちゃんをあやす行為ではなく、明らかな虐待です。

ですから、赤ちゃんが喜ぶ「たかいたかい」であったり、通常の車の揺れ程度であれば、心配はありません。

育児不安を抱えている場合は相談を

赤ちゃんが乳幼児揺さぶられ症候群になるという悲劇の背景には、仕事に疲れている、夫婦で協力して育児ができないなどの育児不安があります。

毎日の夜泣きのたび重なる授乳、赤ちゃんがなかなか泣き止まないなどで、育児に疲れてしまうということもあるでしょう。

それで赤ちゃんに対する愛情が不安定になり、衝動的に赤ちゃんに虐待してしまいそうにるのかもしれません。

でもそこで、一時の感情で赤ちゃんを傷つけてしまえば、一生後悔することになります。

ですから、ママ・パパは自分だけで抱え込まずに、周囲の人やかかりつけ医などに相談してみましょう。

福祉センターなどの公共施設を積極的に利用するのもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク