こんにちは、ぺりかんです。

 

子どもがけいれんと起こしたとき、特に初めての場合、パパやママはパニックになってしまうことも。

けいれんを起こしたとき大切なのは、落ち着いて子どもをよく観察することです。

 

今日は、乳幼児がけいれんを起こしたときの対処法などについてまとめてみました。

いざというときパニックにならないように、少しでも知識をつけておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

子どものけいれんの原因は?

けいれんを起こすと、急に意識を失い、白目をむいて、全身をガクガクと震わせます。

これは、高熱が出たときや、細菌やウイルスの感染など何らなの刺激により、脳の神経細胞が以上に興奮したために起こる反応と考えらえています。

多くのけいれんは1~2分で止まりますが、5分以上続いたり、くり返すときは急いで病院を受診しましょう。

【考えられる主な病気】

●熱性けいれん

●憤怒けいれん

●てんかん

●髄膜炎

●急性脳炎・急性脳症

●熱中症  など

けいれんを起こしたら・・・

【すぐにしてあげること】

吐いたものが気管に詰まらないように、平らな場所に寝かせて顔を横向きにします。

そして呼吸しやすいよに、衣類やおむつは緩めましょう。

【まず確認すること】

1,けいれんが続いた時間を確認する

けいれんが続いた時間によって受診のタイミングが異なり、診断の手がかりにもなるので、けいれんが始まったら、まずは落ち着いて何分続いたか時間を確認しましょう。

2,けいれんの状態を確認する

けいれんが全身に左右対称で起きているのか、体の一部だけか、片側だけか、白目をむいたときの瞳の位置などを観察します。

これも医師が判断する上で大切な情報になります。

【けいれんが治まったら】

1,意識の回復を確認

顔に赤みが出る、手や足の突っ張りやかたさがなくなる、目を開ける、泣くなど、いずれがの様子が見られたら意識は戻ってきます。

疲れて眠ってしまったら、そのまま観察します。

心配な場合は病院を受診しましょう。

2,体温を測る

意識が戻ったら、体温を測り記録しておきましょう。

もし熱があったら、少しずつ水分補給をしていきます。

体温が38度以上あった場合は、診療時間外でも受診しましょう。

3,けいれんを起こす前の状況を確認する

けいれんを起こす前の状況も判断に必要な情報です。

熱があった、体温が急に上昇した、大泣きした、かんしゃくを起こした、高温多湿の場所にいた、何かの刺激を受けたなど、けいれんを起こす前の状況も医師に伝えましょう。

受診のタイミングをチェック

緊急受診する!!

☐けいれんが5分以上続いた

☐くり返しけいれんを起こす

☐けいれん後意識が戻らず、ボーッとしたり、ぐったりしている

☐意識がはっきりしたり、ぼんやりしたりしている

☐顔色が悪く、唇が紫色になっている

☐呼吸が弱い

☐くり返し嘔吐をする

☐頭を打った後にけいれんを起こした

時間外でも受診する!

☐月齢が6ヵ月未満

☐初めてけいれんを起こした

☐嘔吐した

☐38度以上の熱がある

時間内に受診する

☐けいれんが24時間以内に再発しない

☐けいれんが5分未満でおさまり、意識が戻った

☐以前に病院で『けいれん発作』と診断されたことがある

☐2回目以降のけいれんだが、今までと症状が違う

ホームケアでOK

☐2回目以降のけいれんで、診断がついている

☐かんしゃくが原因で起きたけいれん

※初めてけいれんを起こした場合は、けいれんが治まっても必ず受診しましょう。

受診後のホームケア

《水分補給》

おっぱいやミルク、湯冷ましや麦茶などを少しずつ与えて、静かにゆっくりを休ませましょう。

水分を欲しがらないときは、無理に飲ませる必要はありません。

《お風呂》

けいれん後、すっかり元気になっても、その日の入浴は控えるようにしましょう。

また数日間は、遠出のお出かけなど負担のかかる行動はやめて、無理をしないようにしましょう。

 

 

初めてけいれんを起こしたとき、とても正視できないパパ・ママは少なくないと思います。

ですが、そのときの様子を確認して医師に伝えるのは親の大事な役割です。

しっかりを落ち着いて行動しましょう。

 

 

スポンサーリンク