こんにちは、ぺりかんです。

 

溶連菌感染症は子どもに多い病気で、薬を飲めば1~2日で治りますが、きちんと完治しないと生き残った溶連菌で腎炎やリウマチ熱の合併症を引き起こすこともあります。

 

今日は、そんな溶連菌感染症の症状や治療法についてまとめてみました。

スポンサーリンク


溶連菌感染症ってどんな病気?

溶連菌感染症は、溶結性連鎖球菌によって起こる病気です。

潜伏期間は2~5日で、感染すると熱が出て、喉が真っ赤に腫れて激しく痛みます。

ものを飲み込むのがつらくなるために、食欲不振、嘔吐、頭痛の症状が見られることもあります。

発熱のあとに赤い発疹が全身に広がり、そのあと舌にも赤いブツブツができてイチゴのように真っ赤になったり(イチゴ舌)、指などの皮がむける猩紅熱の症状がでることもあります。

溶連菌の感染経路は、主に飛沫感染と接触感染です。

治療法&ホームケア

溶連菌感染症の検査は、のどの分泌液を綿棒で取って判断します。

検査結果は5分~10分と、非常に短い時間で分かります。

抗菌薬を使用すれば1~2日で熱が下がり始め、のどの痛みや発疹も消えていきます。

体調がよければ生活制限などはとくになく、1~2日で普通の生活に戻れます。

溶連菌は短期間で完治させないと、腎炎・リウマチ熱・血管性紫斑病などの合併症を招くこともあります。

症状が治まったからといって薬の服用をやめずに10~2週間くらいは飲み続けることが重要です。

処方される抗菌薬は、パセトシンやサワシリンなどが多いようです。

 

溶連菌感染症は、子どもだけでなく大人も感染する可能性があります。

溶連菌感染症の感染経路は、飛沫感染と接触感染なので、皮膚と皮膚が触れ合ったり、食器やタオルなどを介してうつってしまうこともあります。

家庭内での感染を防ぐために、タオルなどの共有は避けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク