こんにちは、ぺりかんです。

 

今日は、ベビーカーについてお話したいと思います。

 

私がベビーカーを買ったのは、息子が外に出られるようになってきた生後1ヵ月頃でした。

私が店員さんに説明を受けながら、どれにしようか迷っていると

夫が「どれでもいいじゃん、早く決めて」だって・・・

男の人って何でこういうことに無頓着なんでしょうか。

今思い出しても腹が立ちます”(-“”-)”

 

我が家では早いうちから使っていましたが、今でも買い物に行くときの必需品です♪

 

スポンサーリンク


 

ベビーカーの種類

ベビーカーは大きく分けると3つのタイプに分類されます。

  • A型ベビーカー(背面・両対面)
  • B型ベビーカー(バギーなど)
  • 3輪タイプ

どのタイプもメリット・デメリットがあります。

なので選ぶときは慎重に!

ちなみに、私はA型の両対面タイプを選びました。

早い段階で使うことができ、子どもの顔をいつでも確認できるところが気に入って買いました(*^^*)

 

ベビーカー選びのポイントとは?

ベビーカー選びで重要なことは、《赤ちゃん目線》そして、《パパ・ママ目線》の両方から自分に合ったベビーカーを選ぶのがポイントとなります。

赤ちゃん目線

  1. デコボコ道でも揺れすぎないか?衝撃を吸収してくれるか?
  2. 通気性や衛生面。
  3. リクライニングができるか?
  4. シートクッションは、柔らかい?硬い?
  5. ホロは適度な長さか?
  6. シートの高さは?

パパ・ママ目線

  1. 持ちやすいか?大きさ重さは適正か?
  2. コンパクトに畳めるか?
  3. 押しやすいか?
  4. 自立式か?横倒しや立て掛けじゃないか?
  5. 価格は?

などなど、私はどちらかというとパパ・ママ目線よりでベビーカーを選びました。

車に乗ることが多いので、軽くて簡単に畳め車にも入る大きさを重視しました。

すごく持ち運びは便利なのですが、軽さを追求したせいか、タイヤがプラスチックなので荒れた道を通るときに、ガタガタ左右に揺れるのが難点です(-_-;)

 

ライフスタイルに合った選択を!

住んでいる場所や環境によってベビーカー選びは変わってくると思います。

例えば、一軒家に住んでいるのか、はたまたマンションやアパートなのか、一階に住んでいるのか、高層階にすんでいるのか、買い物に行くときだけつかうのか、遠出したときに使うのか、車に乗せる機会が多いのか、電車で使うことが多いのかなど、ご自身のライフスタイルに合わせて選びましょう。

私は、自動車にも簡単に積むことができて軽くて持ち運びが便利なコンビの『メチャカル』を購入しました。

とにかく軽いところと両対面式でも使えるので、赤ちゃんの顔を確認しながら移動ができるところがポイントで買いました!

 

A型・B型の使い分け

A型ベビーカーとは・・・

1ヵ月~首すわり頃(3ヵ月~4ヵ月頃)から使えるベビーカー。

B型ベビーカーとは・・・

腰すわり頃(6ヵ月~7か月頃)から使えるベビーカー。

 

気になる価格はどれぐらい?

A型に比べてB型の方がやはり価格はお手頃です。

しかし、お子さんが成長してからじゃないと使えないところがデメリットなのですぐに使いたい方はA型をおススメします。

うちは首すわり頃から外に出る機会も増え、ベビーカーでお出かけすることもたくさんあったので、私はA型を買って良かったなと思ってます♪

 

ハイシートの方が良いの?

ハイシートのメリットとしては、赤ちゃんを乗せ降ろしやすいことや汚れた空気や熱から守ってくれることがあげられます。

ただ、ハイシートだと少し不安定なため、ベビーカーがひっくり返りやすいというデメリットもあります。

ベビーカー用フックに荷物を掛けすぎてひっくり返っちゃう等の事故も考えると、あまりハイシートすぎるのも良いとは言えませんね。

 

 ノーマルタイヤとエアタイヤって?

ベビーカーのタイヤは、プラスチックで作られているタイヤと空気が入ったエアタイヤを採用しているベビーカーなど、タイヤだけでも大きな違いがあります。

プラスチック製のタイヤは薄くて軽いのが特徴なので、ベビーカー全体の重さが軽くなり折り畳み易かったりなどのメリットがあります。

ただ、丈夫さや安定感はエアタイヤの方が勝っています。

エアタイヤは、自転車や車のように空気が入ったタイヤなのでアスファルトや凸凹な道でも振動が少なく、赤ちゃんにとってすごく乗り心地が良いでしょう。

3輪タイプのベビーカーのほとんどがこのエアタイヤなんじゃないでしょうか?

エアタイヤのデメリットとしては、定期的なメンテナンスやパンクしたときの修理などの煩わしさなどがあげられます。

 

背中センサー

みなさんも背中センサーに困ったこと一度はあるんじゃないでしょうか?

ベビーカーやベッドに寝かせつけようとしたときに反応するアレです(笑)

うちの子もベビーカーに乗って欲しいときに背中センサーが反応して、結局抱っこしながらべビーカーを押すという経験が何度もあります(笑)

 

欧米では当たり前?トラベルシステム

トラベルシステムとは欧米などで一般的に利用されているもので、チャイルドシートをそのままベビーカーとドッキングすることができる便利なシステムです。

専用のアダプターを取り付けることによって、B型タイプのベビーカーでもA型と同じように使用することができる使い勝手がいいシステムなんです。

チャイルドシートは持ち運びも簡単で、家ではバウンサーとして使うことも出来るみたいです☆

専用アイソフックスを使えば、取り外しも簡単なので手軽に持ち運びすることができます。

 

レンタルするという手も

最初はA型をレンタルで借りて、ある程度大きくなったらB型を購入するといったママも最近は増えているそうです。

確かに、A型・B型を2つとも購入するとなるとかなりの金額が飛んでいってしまいます。

そこで、ある程度はレンタルで対応し大きくなったらB型を購入するといった節約術もアリですよね☆

 

ベビーカーはいろいろな種類があって、ママたちは買うときすごく悩むと思いますが、是非自分に合った1台を見つけくださいね(^^)

 

 

スポンサーリンク