こんにちは、ぺりかんです。

 

赤ちゃんがかかる病気は様々ありますが、中には、急に命を落としてしまう怖い病気もあります。

そのひとつが『乳幼児突然死症候群』です。

それまで元気だった赤ちゃんが何の前触れもなく、眠っている間に突然死してしまう病気で、事前に予知できないのが特徴です。

 

今日は、そんなŞIDSの原因や予防法などについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


 

乳幼児突然死症候群とは?

乳幼児突然死症候群はSIDS(Sudden Infant Death Syndrome)とも呼ばれ、これまでに目立った病気もなく健康に過ごしていた赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然なくなってしまう病気のことです。

日本での発症期間は、生後4か月をピークに生後2ヵ月~6ヵ月が全体の約8割、1歳までが約9割を占め、約6000~7000人に1人の割合で発症すると言われています。

乳幼児突然死症候群の原因は、いくつか有力な説はありますが、残念ながら分かっていないことも多いんです。

ただ、これまでの研究で、『早産児』『低体重出生児』のほかに、育児環境の中にその発症を高める『うつぶせ寝』『家族の喫煙』『人工栄養』なども危険因子であることが分かってきています。

しかし、仰向けで寝ていても乳幼児突然死症候群にかかるケースもあり、危険因子がなければ必ず発症しないわけではありません。

また、これらのことはいずれも乳幼児突然死症候群の直接の原因ではないので、必要以上に不安になることはありません。

乳幼児突然死症候群を予防するには?

原因が特定できていない以上、完全に予防することはできませんが、危険因子を取り除くことで、発症リスクを減らすことはできます。

赤ちゃんの命を守るために、パパやママはぜひ実行しましょう。

【うつぶせ寝をさせない】

うつぶせで寝かせたときのほうが、あお向け寝の場合に比べて発症率が高いという研究結果があります。

なにか病気があって医師から指導を受けていない限り、仰向けに寝かせるようにしましょう。

うつぶせ寝が好きな赤ちゃんは、誰かが必ず見守り、寝ついたら仰向けにするようにするといいでしょう。

そして、赤ちゃんをひとりで寝かせているときは、どんな様子で寝ているのかをこまめに確認するように心がけましょう。

【受動喫煙をさせない】

両親が喫煙をしていると、両親が喫煙しない場合の約4.7倍も発症率が高くなるといわれています。

赤ちゃんが受動喫煙しているという状況の方が、うつぶせ寝にした危険より高いという研究結果もあります。

同居している家族は禁煙をするか、赤ちゃんのいる場所では喫煙しないようにしましょう。

また外出時は、喫煙ルームには近づかないようにし、必ず禁煙席に座るようにしましょう。

【できるだけ母乳で育てる】

母乳育児の方が、ミルク育児の赤ちゃんに比べて、乳幼児突然死症候群の発症が低い傾向にあります。

母乳育児のメリットとして、赤ちゃんの免疫力が高まる・ママの乳首から飲むことで口腔の発達を促す・スキンシップが密になり赤ちゃんの異変に気づきやすい、などがあります。

ただし、ミルク育児が乳幼児突然死症候群に直結するわけではありません。

ミルクでも赤ちゃんとスキンシップしながら与えれば問題はないので、あまり神経質にならないようにしましょう。

 

 

乳幼児突然死症候群に完全な予防法はありませんが、リスクを軽減することはできます。

日頃の生活を見直して、発症率を高める要因がないかを確認し、赤ちゃんの命を守ってあげましょう。

 

 

スポンサーリンク