こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠中にしていきたいこのひとつ、旅行!

妊婦さんのほとんどが、やりたいことリストにあげるんじゃないでしょうか?

子どもが生まれるとしばらくの間は遠出ができなくなってしまうので、妊娠中に夫婦二人だけの思い出と作っておきたいですよね(*‘∀‘)

でも妊娠中は何があるか分からないし、不安に思う方も多いと思います。

 

そこで今日は、妊娠中の旅行で気を付けたいことについてまとめてみました(^^)

 

スポンサーリンク


 

スケジュールは余裕を持って!

妊娠中の旅行は、経過が順調で体調も良ければやっても大丈夫!

ですが、移動の時間は長すぎないなど、スケジュールに余裕を持たせることが大切です。

遠方に行く場合は、お医者さんに相談しておくと安心です。

特に海外旅行の場合は、必ずお医者さんの許可をもらってからにしましょう。

日本との気温差や時差が大きいところは、妊婦さんの体に負担がかかることを考えて、避けるようにした方がいいでしょう。

旅行先を転々と移動する旅行よりは、1カ所に滞在するような旅行が妊婦さんにはおススメです♪

移動手段で気を付けたいこと

車

【車】

車の振動は、妊婦さんにとっては負担になってしまいます。

また移動時間は、1~2時間程度にしましょう。

妊娠中は判断力が鈍ってしまうので、運転は家族の方に任せましょう。

途中で休むなど、こまめな休憩も忘れずに!

 

電車

【電車】

長時間の間、一定の姿勢でいるとお腹に負担がかかってしまうので、姿勢をこまめに変えるようにしましょう。

体調が悪くなったら途中下車をして、休憩をするようにしましょう。

 

飛行機

【飛行機】

飛行機は、長距離&長時間揺れるのに加えて、乗っている間は、ずっと同じ姿勢でいなければいけないので、できれば避けた方が無難です。

どうしてもという場合は、お医者さんにきちんと確認をとってからにしましょう。

妊婦サポートのある航空会社もあるので、予約や搭乗の際に申請をしましょう。

持っていくものリスト

旅行先で何かあったときのために、持ち物はしっかりと確認を!

【母子手帳】

母子手帳があれば、どこの病院でも妊娠経過を確認することができます。

【健康保険証】

急に体調を崩したとき、病院で必要になります。

【診察券】

緊急の場合、診察券があれば、カルテ探しなどがスムーズにできます。

【印鑑】

旅行先やお出かけ先で、緊急入院になったときのために持っておきましょう。

【連絡先メモ】

かかりつけの病院や夫の連絡先などと書いたメモを持っておくと、いざというとき役に立つかも。

【ナプキン】

破水や出血したときのために、大き目のナプキンを1、2個持っておきましょう。

 

 

赤ちゃんが生まれる前に、夫婦だけの思い出をつくるのはステキなことですが、妊娠中はあくまでもママの体調が第一です!

無理のないスケジュールで、いざというときのために準備をしっかりとし、いい思い出がつくれるようにしましょう(*´▽`*)

 

 

スポンサーリンク