こんにちは、ぺりかんです。

 

妊娠中って、つわり以外にも体に不快な症状がみられますよね。

痛い・・・つらい・・・けど病院に行くほどではないし・・・(-_-;)

妊娠をしたことがある方なら、そんな不快な症状の経験がいくつかあるかと思います。

 

今日はそんな妊娠中の不快な症状の原因と対処法などについて書いてみました。

不快症状はなぜ起こるの?

妊娠中に起こる不快な症状は『マイナートラブル』ともいわれ、ホルモンバランスの変化・大きくなった子宮・体形の変化・ストレスがなどが原因で起こります。

妊娠初期はホルモンバランスの変化による症状、妊娠中期以降は大きくなった子宮や体形の変化で、内臓や膀胱が圧迫されることで起こる症状が多いそうです。

妊娠や出産、お腹の赤ちゃんに直接影響はありませんが、目に見えない症状だとまわりの人にも理解してもらいにくく、それがさらにストレスになってしまうことも・・・。

妊娠中は簡単に薬を使うことができないので、症状の原因を知って自分なりの対処法を見つけていきましょう。

 

不快症状の種類と対処法

【便秘・痔】

もともと女性は便秘になりやすいですが、妊娠すると大きくなった子宮に腸が圧迫され動きが悪くなり、さらに便秘になりやすくなってしまいます。

また便秘になると、肛門が圧迫され痔になることもあります。

便秘対策の基本は、食物繊維の多い食事と水分を多く摂ること、適度な運動で血行を良くすることです。

もしそれでも改善しない場合は、医師に相談し下剤を処方してもらいましょう。

 

【むくみ】

むくみは浮腫(ふしゅ)とも呼ばれ、チェックは妊婦検診でも毎回行われますよね。

むくみは静脈が圧迫されることで起こりますが、血圧や尿たんぱくの数値に異常がなければ、あまり心配しなくても大丈夫です。

解消法は水分を多く摂ったり、マッサージをして体内の巡りをよくしたり、着圧ソックスなどを履くなどして解消しましょう。

 

【立ちくらみ・めまい】

立ちくらみやめまいは血液が子宮に集中し、脳への血液が不足することが原因で起こります。

バランスを崩して転倒してしまわないように、フラっとしたらなにかにつかまったり、しゃがんだりしましょう。

そして立ち上がるときはゆっくり立つようにして、急激な動作はしないようにしましょう。

 

【動悸】

動悸は血流量増え、心臓に負担がかかることで起こります。

動悸がしたらおさまるまで安静にしましょう。

あまりにもひどい場合は、甲状腺の病気の可能性もあるので医師に相談しましょう。

 

【不眠】

妊娠中の不眠は、黄体ホルモンやお腹が大きくなって苦しくなることが原因です。

寝る姿勢を変えたり、アロマなどの好きな香りでリラックスするようにしましょう。

 

【情緒不安定】

ホルモンの急激な変化で、気持ちが不安定になりやすくなってしまいます。

不安なことは家族に話を聞いてもらったり、無理のない範囲で好きなことをしてリ、フレッシュするのもいいでしょう。

 

【腰痛】

お腹を支えようとして、背中が反り返ることが腰痛の原因です。

姿勢をまっすぐにするよう心掛けたり、湯たんぽなどで温めるのも効果的です。

 

【こむら返り】

足がつるこむら返り原因は、冷えやカルシウム不足、疲れが原因といわれています。

夜寝ているときに起きやすいので、寝る前にふくらはぎを伸ばすストレッチをしましょう。

 

【耳鳴り・音がこもる】

妊娠中に耳鳴りや音がこもった感じがするのは、耳管開放症といって自律神経失調が原因だそうです。

できるだけストレスをためないようにしたり、首筋を温めるものいいそうです。

 

【頻尿・尿漏れ】

子宮がどんどん大きくなってくると膀胱が圧迫されて、トイレが近くなってきます。

でも尿漏れが心配だからと水分をとらないでいると、ほかのマイナートラブルが起こる原因になるのでやめましょう。

尿漏れは、ナプキンや尿漏れパットで対策しましょう。

 

 

今回は10の症状について書きましたが、ほかにもまだたくさんの不快症状があります。

対処をして解消すればいいのですが、我慢できない程つらい場合は医師に相談しましょう。

どの症状も出産後には改善するので、それまで頑張って乗り切りましょう!