こんにちは、ぺりかんです。

 

お産のとき、強い陣痛がどんどんやってくるのも大変ですが、実は体力を消耗するのは、お産が長引いたとき。

強い陣痛がなかなか来ず、痛みが弱くなると、それだけゴールも遠くなるということ。

 

今日は、そんな『微弱陣痛』のときにできることについてまとめてみました。

スポンサーリンク


微弱陣痛とは?

微弱陣痛とは、子宮収縮が弱まり、子宮口もなかなか開かない状態のこと。

微弱とはいっても、子宮口が開くのに有効な強さがないというだけで、決して痛みがないわけではありません。

陣痛を再び強くしてゴールに向かうには、エネルギーを補給し、体を休ませて、体力を回復させることが大切です。

そして、赤ちゃんがスムーズ下がってくるために、重力を味方にしましょう。

ベッドの上でじっとしているよりも、体を動かしたり、状態を起こした姿勢をとることで、赤ちゃんが下りてきやすくなります。

また、気持ちの面から陣痛が強くならないこともあるので、「いい陣痛が来れば赤ちゃんに会える!」と、ポジティブにとらえるようにしましょう。

気持ちが陣痛に対して、前向きになったときに、お産がぐっと進むこともあります。

微弱陣痛になったときお産を進める方法

1,立つ・歩く

重力で赤ちゃんが下りてくるように、体を動かします。

病院の廊下を歩いたり、しっかり手すりをつかんで階段の上がり下がりなどをしましょう。

2,しゃがむ

ゆっくりと立ったりしゃがんだりを繰り返すスクワットは、赤ちゃんが下りてきやすく、よい陣痛を呼び込みます。

両足を開くことで、股関節が開きやすくなる効果もあります。

3,エネルギー補給

水分補給とともに、ゼリー飲料やバナナ、おにぎり、ヨーグルトなどの消化が良く、のどごしのいいものを食べてエネルギーを補給しましょう。

食欲がなければ、ひと口だけでもOKです。

4,体をあたためる

体をあたためると血行が良くなり、体のこわばりがほぐれ、リラックスしてお産が進みやすくなります。

とくに足を冷やすと体全体の冷えにつながるので、ソックスをはいたり、足浴をしてあたためましょう。

5,眠る

寝ることは体力回復への近道。

数分ずづのこまぎれ睡眠でも、体力は回復していきます。

ウトウトしたらそのまま眠ってしまってもOKです。

6,子宮口を刺激してもらう

陣痛の間の内診で、陣痛が進むこともよくあります。

医師や助産師に相談して、指で子宮口を刺激してもらうという方法も◎

陣痛促進剤を使うことも

体力や気持ちの問題だけでなく、お産が進まないケースもあります。

初産で30時間、経産婦で15時間以上かかるようなケースを『遷延分娩』といい、こうした場合は、陣痛促進剤を使うこともあります。

ほか、人工的に破水を起こすことも。

遷延分娩になると、ママの体力が落ちて赤ちゃんに酸素が届かなくなる、破水後時間が経った場合には感染症を起こしやすいなどの危険性があります。

その危険を避けるために、最終的に帝王切開になることもあります。

 

【陣痛促進剤って怖くない・・・?】

陣痛促進剤を使うときは、必ず分娩監視装置で子宮収縮の様子と胎児の元気さを観察しながら、点滴の量も非常に細かくコントロールして使用します。

安心して受けられる処置ですが、受ける前は医師の説明をしっかり聞いて、必要性をよく理解してから受けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク